楽天、ウォルマートと戦略的提携、国内でネットスーパーを共同運営へ

[ img via Mike Mozart ]

楽天は、米国の小売の巨人と提携し、日本国内でネットスーパーを運営することを明らかにした。

楽天は1月26日、ウォルマートと戦略的提携を結んだことを発表。提携によって、日本国内でネットスーパーを共同運営し、米国内では電子書籍およびオーディオブック販売サービスを提供する。

「楽天西友ネットスーパー」が2018年7〜9月にオープン

楽天とウォルマート子会社の西友と共同で新会社を設立する予定で、「楽天西友ネットスーパー」をオープンさせ、ユーザーから注文を受けた商品を西友から直接配送する。さらに年内にはネットスーパー用の配送拠点も設置する予定だ。

西友は現在も自身のオンラインショップで実店舗の商品を販売しているが、それとは別に楽天と共同でネットスーパーを始めることで、「楽天市場」の商品(楽天のお取り寄せグルメ)を取り扱う予定。他社のネットスーパーと差別化を図る。

また、昨今の時短ニーズに対応したカット野菜や半調理食品、生鮮食品や食材と調味料が1食分届く「ミールキット」なども販売する。

同サービスの提供開始は、2018年度第3四半期(7月~9月頃)を予定しているという。ちなみに、「楽天西友ネットスーパー」を利用することで、「楽天スーパーポイント」を貯めることもできる。

さらに、今回の提携によってウォルマート社は、「楽天Kobo」を米国内で独占販売を行う。年内に「楽天Kobo」が取り扱う600万作品を「Walmart.com」のユーザーに提供を開始、さらに4,000を超える実店舗ではデジタルブックカードを販売する予定としている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。