楽天Kobo、電子書籍リーダー 「Kobo Sage」 「Kobo Libra 2」 発表。本日より予約開始

楽天グループのRakuten Koboは、新型電子書籍リーダー 「Kobo Sage」 「Kobo Libra 2」 を発表、予約受付を開始した。

価格は 「Kobo Sage」 が30,800円(税込)、「Kobo Libra 2」 が23,980円(税込)。発売日は2021年10月20日を予定している。

▼ 楽天市場で 「楽天Kobo」 新型モデルを予約・購入する
Kobo Sage
Kobo Libra 2

新型電子書籍リーダー 「Kobo Sage」 「Kobo Libra 2」 予約受付が開始

Kobo Sageは、8インチCarta flush E Ink HD 1200タッチスクリーンを備えた電子書籍リーダー。画面解像度は1,440×1,920/300ppi。別売りのスタイラスペン「Koboスタイラス」に対応し、電子書籍上や、メモ帳機能である「ノート」に手書きでメモを取ることができる。

また、フロントライト技術「ComfortLight PRO」を採用しており、端末上で設定する「就寝時間」に合わせて、スクリーンを最適な色合いに自動調整が可能。

本体サイズは縦181.4mm×横160.5mm×厚さ7.6mm、重量は240.8g。バッテリー持続時間は数週間(ライトとWi-Fiをオフにした状態で、1ページにかける時間を約1分、1日30ページ読書した場合の計算値)とされている。

内蔵ストレージは32GBで、約28,000冊分の小説、約700冊分のコミックを保存できる。防水にも対応しており、IPX8規格準拠で水深2mの環境で最大60分耐久できる性能となっている。水辺やお風呂場などで使用することも可能だろう。価格は30,800円(税込)。

▼ 楽天市場で 「楽天Kobo」 新型モデルを予約・購入する
Kobo Sage
Kobo Libra 2

もう一つのKobo Libra 2は、7インチのCarta E Ink HD 1200 タッチスクリーンを搭載したモデル。画面解像度は1,264×1,680(330ppi)。片手で操作できる「ページめくりボタン」や読み返し・読み飛ばしができる「高速ページめくり」機能、見開き表示に対応するなどといった基本機能を搭載する。

そのほか、Kobo Sageにも採用されているComfortLight PROやIPX8規格に準拠した防水性能を備える。内蔵ストレージは32GBで、約28,000冊分の小説、約700冊分のコミックを保存できる。本体サイズは縦161.6mm×横144.6mm×厚さ9.0mm、重量は215g。価格は23,980円(税込)となっている。

Kobo Sage、Kobo Libra 2ともに本日から予約受付が開始されている。発売は2021年10月20日を予定している。

▼ 楽天市場で 「楽天Kobo」 新型モデルを予約・購入する
Kobo Sage
Kobo Libra 2

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。