楽天モバイル、法人・自治体とタッグ組み5Gサービス創出 パートナープログラムを開始

3月12日、楽天モバイルは法人や自治体向けに 「楽天モバイルパートナープログラム」 を開始したことを発表した。

本プログラムは、楽天モバイルがパートナーシップを結んだ法人・自治体とともに5G (第5世代移動通信システム) ネットワークやIoTを活用した新サービスを共に創出することを目的としたプログラム。

募集するパートナーは、それぞれが持つアセットと楽天モバイルのネットワークプラットフォームなどを活用した新たなプロジェクトの提案や、実現に向けたプロジェクトの共同運営を担う「プロジェクトデザインパートナー」と、各プロジェクトにおいて自らのサービスの提供や技術支援などを担う「プロジェクトサポートパートナー」の2種類。

プロジェクトへの参加を希望する法人や自治体などは、本プログラムの特設サイトより応募できる。「プロジェクトデザインパートナー」 は、法人と自治体の両方が応募でき、2020年6月から募集開始予定。「プロジェクトサポートパートナー」 は、法人のみ応募することができ、第1弾として 「スポーツ」 「配送」 の2分野について、本日より募集を開始している。

関連記事
楽天、月額2,980円で通信し放題 「Rakuten UN-LIMIT」 発表 300万人まで1年無料で提供へ

©Rakuten Group, Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。