楽天モバイル、「スマホ下取りサービス」 提供開始 「端末買取りサービス」 をリニューアル

楽天モバイル

1月27日、楽天モバイルは中古スマートフォン下取りサービス 「スマホ下取りサービス」 の提供を開始した。

本サービスは不用になった中古スマートフォンを簡単に下取り・売却できるサービス。これまで提供されていた 「端末買取りサービス」 がリニューアルされるかたちで提供が開始される。

楽天モバイルが 「スマホ下取りサービス」 を提供開始

「スマホ下取りサービス」 の手順は、まずは専用のウェブサイト (MNOサービス / MVNOサービス) から申し込みし、オンラインで仮査定。その後は 「楽天モバイル」 から配送される専用キットで製品を送付する。スマートフォンが楽天モバイルに到着次第、本査定が行われ正式に下取り価格が確定する。あとはユーザーの承認を経て、下取り金額の支払い(入金)が行われる (下取りが成立してから約1カ月後に、手数料無料で自動的にチャージ) といった具合だ。

下取り金額の支払いは、楽天グループのオンライン電子マネー 「楽天キャッシュ」 で行われる。楽天モバイルが販売するスマートフォンの購入や月額使用料の支払いにあてたり、楽天市場や楽天トラベルといった楽天グループでの支払い、スマホアプリ決済サービス「楽天ペイ(アプリ決済)」を利用して大手コンビニチェーンやドラッグストア、各種飲食店、アパレル店といった実店舗での支払いにも利用できる。

ちなみにこれまで提供されていた 「端末買取りサービス」 に比べて、「スマホ下取りサービス」 は下取り対象となる製品の拡大、製品を送付する際の手順の簡略化、支払いまでの期間の短期化など、より簡単に中古スマートフォンを売却できるようサービスの利便性が向上している。

関連記事
楽天モバイル、無料サポータープログラムの2次募集を開始へ。ダイヤルアプリ 「楽天Link」 のベータ版も提供
楽天独自の小型スマホ 「Rakuten Mini」、本日から無料サポータープログラム参加者向けに先行発売

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。