楽天×西友のOMO本格化。「楽天カード 西友デザイン」 発行、オフラインでもオンラインでも使えるアプリも展開

西友、楽天グループ、楽天ペイメント、楽天Edy、楽天カードの5社は、西友が展開するスーパーマーケット 「西友」 「リヴィン」 「サニー」 全店舗において、楽天ポイントを軸にしたOMO事業 (Online Merges with Offline) 戦略の新たな協業体制を4月より本格化する。

西友の店舗においてデジタルマーケティングを強化し、オンラインとオフラインの垣根なくユーザーが便利に買い物できる環境を整え、既存顧客の満足度を向上させ、かつ新規顧客層の獲得を狙う。

具体的には、クレジットカード機能が付いたオリジナルデザインカード 「楽天カード 西友デザイン」 を4月1日(金)に発行。同カードに付帯する、電子マネー 「楽天Edy」 を西友など全店舗で利用できるようにする。ちなみに、楽天カードがスーパーマーケット業界においてオリジナルカードを発行するのは今回が初めて。

また、ポイントだけを貯めたい人向けに 「西友 楽天ポイントカード」 、楽天Edyを使ってキャッシュレスで支払いをしたい人向けに 「西友 Edy-楽天ポイントカード」 も提供する。

4月26日には 「楽天西友アプリ」 をリリース予定。同アプリは、既存の 「楽天西友ネットスーパー」 アプリに店舗で使える機能を追加したものになっていて、楽天西友ネットスーパーと楽天ポイントカード、楽天ペイ (アプリ決済)を統合し、ネットスーパーでも店舗でも使えるようにする。

さらに同日より、「楽天ポイントカード」 が西友グループの全店舗で利用できるようになる。

こうした取り組みによって、西友は 「楽天ペイ (アプリ決済)」 に加えて、「楽天Edy」 「楽天ポイントカード」 の活用を加えたデータ収集・分析の基盤を整えることが可能に。収集したデータをもとに、最適なプロモーション等を提供できるという。また、本プログラムの本格的な展開によって、西友は日本で最大規模の楽天ポイントが使える・貯められるスーパーマーケットになる。

同取組みの発表にあわせて、4月26日(火)〜5月8日(日)までの期間、店頭で 「楽天ポイントカード」 を提示すると、通常の5倍の 「楽天ポイント」 を進呈するキャンペーンを開催する。

そのほか、「楽天ポイントカード」 や 「楽天Edy」 の利用で、「楽天ポイント」 の進呈率がアップするキャンペーンも4月より順次実施予定。

5月以降は 「楽天ポイントカード」 を提示すると、通常の2倍の 「楽天ポイント」 を進呈する 「楽天ポイント2倍デー」 も実施予定とのこと。

©Rakuten Group, Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。