楽天、段階料金制の新プラン 「Rakuten UN-LIMIT VI」 発表。月1GBまで無料

1月29日、楽天は報道関係者向けに 「楽天モバイル プレスカンファレンス」 を実施。同カンファレンスの中で、今春から提供を開始する新料金プラン 「Rakuten UN-LIMIT VI」 を発表した。

1GBまで無料の新プラン 「Rakuten UN-LIMIT VI」 が発表

「Rakuten UN-LIMIT VI」 は、ドコモの 「ahamo」 やauの 「povo」 、ソフトバンクのSoftBank on LINEなど主要3キャリアの格安プランに対抗するためのものとして提供される。現行プラン 「Rakuten UN-LIMIT V」 の料金を実質的に引き下げるかたちで提供する。

「Rakuten UN-LIMIT VI」 は、実際のデータ使用量に応じて料金が変わる段階料金制を採用する。月のデータ使用量が1GBまでは無料で使用でき、1〜3GBだった場合は980円、3〜20GBまでは1,980円、20GBを超える場合は従来の 「Rakuten UN-LIMIT V」 とおなじ2,980円(価格はいずれも税別)で利用できる。

Rakuten UN-LIMIT VI
提供開始:2021年4月1日

料金体系 (すべて税別)
・月1GBまでは0円(タダ)
・1GB〜3GBまでは980円/月
・3GB〜20GBまでは1,980円/月
・20GB〜は2,980円/月

音声通話
・Rakuten Link利用で国内通話無料

つまり、これまで20GB以内で収まっていたユーザーの場合は月々の料金は下がることになる。※2回線目以降の場合は、月3GB以下は月額980円〜。

楽天モバイルは自社回線エリアとパートナー回線(au)によって全国で利用することが引き続き可能。自社回線エリアまでは利用料上限なし、パートナーエリアでの通信については月5GBまで、海外66カ国と地域については月2GBまで利用可能だ。

音声通話についても引き続きRakuten Linkを使用することで国内通話は無料を継続する。

「Rakuten UN-LIMIT VI」 は2021年4月1日に提供開始される。すでに 「Rakuten UN-LIMIT V」 を契約しているユーザーも、同プランに自動アップグレードされる。

「Rakuten UN-LIMIT V」 の新規受付は、「Rakuten UN-LIMIT VI」 の提供開始とともに終了する。また、現在実施している300万人を対象とした1年間無料キャンペーンについては、当初の上限としていた300万人に到達するまでは実施するとのこと。現在220万人が契約しているため、残り80万人分の枠が残っていることになる。

楽天モバイルは契約事務手数料、MNP転出手数料、契約解除料は0円。契約はオンラインおよび全国の楽天モバイルショップから可能だ。

ちなみに楽天の三木谷社長は、現在の楽天モバイルの人口カバー率が73.5%であることを明かし、2021年3月末までに80%、2021年夏頃までに96%にする計画であるとした。当初の計画から約5年前倒しとなる。

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。