「Rakuten Hand」 「Rakuten BIG s」 が値下げ。キャンペーンとの組み合わせで実質0〜14,980円で購入可能

1月14日、楽天モバイルは同社が販売するスマートフォン 「Rakuten Hand」 「Rakuten BIG s」 の価格改定を発表した。

「Rakuten Hand」 は、20,000円(税込)から12,980円(税込)に、「Rakuten BIG s」 は50,980円(税込)から39,980円(税込)に値下げされる。

今回の価格改定にともない、Rakuten UN-LIMIT VI新規加入と同時に、「Rakuten Hand」 を同時に購入する方向けのキャンペーンも展開される。

Rakuten Hand 7,980ポイントプレゼントキャンペーン
「Rakuten UN-LIMIT VI」 の新規契約+ 「Rakuten Hand」 を購入で7,980ポイントをプレゼント。以前から提供されている 「【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」 を組み合わせることで、実質0円で「Rakuten Hand」 が購入できる。

「Rakuten BIG s」 については特別なキャンペーンはないものの、「Rakuten UN-LIMIT VI+製品購入でポイント還元キャンペーン」 と 「【Rakuten UN-LIMIT VIお申し込み特典】だれでも5,000ポイントプレゼント」 を組み合わせることで、実質14,980円(税込)で 「Rakuten BIG s」 を購入できる。

▼ 楽天モバイルで製品を購入する
Rakuten Hand
Rakuten BIG s

Rakuten Hand」 は2020年9月に発表されたジャストハンドサイズの4Gスマートフォン。5.1インチの有機ELディスプレイとモバイルFeliCaを搭載したスマートフォンとしては世界一スリムな横幅、そしてサイドに丸みを帯びたデザインが特長。重量も約129グラムととても軽量、片手で操作することも十分に可能だ。

背面カメラは約4,800万画素の広角と背景ぼかし表現が可能な深度測位カメラのデュアル仕様。フロントカメラは約1,600万画素。

生体認証は顔認証と画面内指紋認証に対応。スマートフォンの画面を見つめることで画面のロック解除ができるほか、画面の上に指を乗せることで本人かどうか認証することが可能だ。

SoCにSnapdragon 720Gを採用し、4×4 MIMOにも対応する。バッテリー容量は2,800mAh。

Rakuten HandはeSIM仕様になっており、対応するSIMであればすべて利用できるSIMロックフリー機として販売される。当然ながら楽天モバイルのRakuten UN-LIMIT Vを利用することが可能だ。カラーラインナップはブラック、ホワイト、クリムゾンレッドの3色。

Rakuten BIG s」は2021年4月に発売した、6.4インチの有機ELディスプレイを搭載した5Gスマートフォン。

6.9インチの画面を搭載した従来の「Rakuten Big」をすこし小型化したモデル。5Gはミリ波とSub6の両周波数帯に対応する。

RAM容量は6GB、ストレージ容量は128GBのみのラインナップになっている。本体サイズは160x79x9mm、重量は204グラム。

カメラ仕様は、「Rakuten BIG」 から大きな変化があった。クアッドカメラであることには変わりはないものの、構成は広角(約4,800万画素)、超広角(約800万画素)、望遠(約800万画素)、深度測位カメラ(約200万画素)。200万画素のマクロレンズを廃止し、代わりに約800万画素の望遠レンズを搭載。広角レンズは約3,200万画素から約1,600万画素に引き下げられた。

フロントカメラは3,200万画素から1,600万画素に、こちらも引き下げられた。光学2倍のズームに対応し、超広角撮影も可能。ぼかしで奥行きを演出した撮影が可能な深度測位カメラも利用できる。

そのほか生体認証は、ディスプレイ内蔵型の指紋認証に加えて顔認証にも対応、防水・防塵性能はIPX7/IP6X程度。バッテリー容量は3,900mAhとなっている。eSIMにも対応する。

カラーラインナップはブラック・ホワイト・クリムゾンレッドの3色が用意されている。

©Rakuten Group, Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。