楽天モバイル、新オプションサービス 「10分 (標準) 通話かけ放題」 提供開始。OS標準アプリでの10分以内の国内通話やSMS送信が無料に

楽天モバイルは、OS標準アプリでの1回10分以内の国内通話やSMS送信が使い放題になる新オプションサービス 「10分 (標準) 通話かけ放題」 の提供を8月27日から開始した。

同オプションサービスは月額1,100円(税込)で利用可能だ。

10分以内の国内通話やSMS送信が使い放題になる 「10分 (標準) 通話かけ放題」 提供開始

提供が開始された 「10分 (標準) 通話かけ放題」 は、OS標準アプリを使った通話が1回10分までかけ放題になるほか、OS標準のメッセージアプリやSMS (ショートメッセージ) の国内送信料も無料になる。

通話に関して、1回あたりの通話時間が10分を超過した場合、超過分は30秒22円(税込)の通話料が発生する。

また、(0180) (0570) などから始まる他社接続サービス、一部特番 (188) など一部の電話番号への通話については、無料通話の対象外となるとのこと。詳細についてはこちらのページから確認可能だ。

なお、本オプションの加入状況に関わらず、コミュニケーションアプリ 「Rakuten Link」 を使った国内通話はこれまでと変わらず無料で利用可能だ。

「Rakuten Link」 経由でのSMS利用については、「Rakuten Link」 同士での送受信は無料だが、「Rakuten Link」 以外、つまりOS標準のメッセージアプリなどとのメッセージの送受信は料金が発生する可能性がある。SMS送受信の料金を確実に無料にしたい場合は、「10分 (標準) 通話かけ放題」 オプションへの加入を検討してみてはどうだろうか。

SMS送受信に関する詳しい料金体系については、「Rakuten UN-LIMIT VI 料金プラン詳細」 ページの 「SMS料金」 をご確認いただきたい。

©Rakuten Group, Inc.

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。