楽天モバイル、パートナー回線のデータチャージ1GBあたり110円の値上げ

楽天モバイルは、パートナー回線エリアでのデータチャージ料金を改定する。改定は7月1日より行われ、1GBあたり110円の値上げとなり、例えば1GBのデータチャージ料はこれまでの550円から660円 (いずれも税込) となる。

データチャージ料金の改訂内容の詳細は以下。1GBは前述のとおり550円→660円となるほか、2GBは1,100円→1,320円、3GBは1,650円→1,980円、4GBは2,200円→2,640円、5GBは2,750円→3,300円になる。

データチャージ料金 (税込)
  旧価格
(〜6/30)
新価格
(7/1〜)
1GB 550円 660円
2GB 1,100円 1,320円
3GB 1,650円 1,980円
4GB 2,200円 2,640円
5GB 2,750円 3,300円

パートナー回線エリアにおけるデータチャージ料は、パートナー回線を使用したデータ通信が5GB/月を超え、最大1Mbpsまでの速度制限が (月末まで) 設けられた際にデータチャージすることで高速通信ができるようにするためのもの。この値上げは、7月1日に開始となる新プラン 「Rakuten UN-LIMIT VII」 の提供開始と同時に行われる予定。

なお、パートナー回線のデータチャージ料値上げは今月13日に実施された新料金プラン 「Rakuten UN-LIMIT VII」 のプレスリリースの中で言及されていたものとなるが、契約者には順次メールで通知される予定となっている。

(注2)2022年7月1日(金)より、高速データ容量(国内)のデータチャージ料金が500円(税込550円)から600円(税込660円)に変更となります。

(引用:楽天グループコーポレートサイト)

ちなみに、値上げは国内エリアに限るものになっていて、海外エリアにおけるデータチャージの料金は従来通り500円/1GBで提供する予定だ。

楽天モバイルは、サービス開始当初より自社回線とパートナー回線(KDDI)の両方を使用することでモバイル通信サービスを提供してきたが、楽天回線の普及に伴いパートナー回線を順次終了し、いずれはすべて自社回線でサービスを提供する予定となっている。

今年4月の段階で、岩手県、山形県、山梨県、和歌山県、島根県、高知県、長崎県、鹿児島県の一部エリアで人口カバー率が70%を超えたことを受けて、これらの地域でのパートナー回線から自社回線への切り替えが発表された。これで、地下鉄、地下街、トンネル、屋内施設、観光名所等など、楽天回線が提供できない一部のエリアを除き全国47都道府県において楽天回線へ切り替えが開始されることになる。

(画像提供:楽天モバイル)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。