「RAVPower RP-PB054Pro」 レビュー | AC80W出力に対応した20000mAhのポータブル電源

8月28日、モバイルバッテリーや充電器などのアクセサリを販売するサンバレージャパンは、「RAVPower」 ブランドから新型ポータブル電源 「RP-PB054Pro」 を発売した。

本製品は20000mAhの大容量バッテリーが搭載されているほか、本体にACポートが搭載されていて、ノートPCや電気機器などに最大80Wで給電できるのが大きな特徴だ。

今回の発売に伴い、サンバレージャパンから事前に本製品のサンプルを提供いただき、実際の使用感を確かめることができた。ポータブル電源は製品によってバッテリー容量や仕様に大きな違いがあるため、詳細をチェックした上で、本製品がどのようなユーザーに最適なのかをお伝えしたいと思う。

15%オフクーポン

クーポンコード:PB054COR
価格:12,999円 → 11,049円
有効期間:2020年8月28日〜8月31日まで

大容量かつコンパクト、ACポート搭載で様々なデバイスを充電可能

こちらが今回発売した 「RP-PB054Pro」 。20000mAhもの大容量バッテリーを搭載していながら、本体サイズが69×69×155mm、重量が660gとポータブル電源としてはかなりコンパクトなサイズになっているのが特徴だ。

手に持ってみると、子ども用の小さな水筒と同じくらいのサイズ感。重さもポータブル電源としてはかなり軽量なため、日常的に持ち歩くのもそこまで苦ではないはずだ。

製品デザインは黒一色とシンプルで、表面には傷付きづらいマットな素材が使われている。この素材のおかげでリュックなどに多少雑多に入れても擦り傷だらけになることはほとんどないだろう。

本体正面にはLEDランプが搭載されていて、デバイスの充電中にバッテリー残量をチェックすることができる。ポータブル電源は使うだけ使って本体の充電を疎かにしがちなため、常にバッテリー残量をチェックできるのは重要ポイントだ。

また目立たない部分ではあるが、底面には冷却用のファンが搭載されていて、高出力でデバイスを充電する際に自動で起動し、熱が内部にこもりにくくなっている。この仕組みのおかげでオーバーヒートを起こしづらく、ユーザーは安心して使うことが可能だ。

本体上部にはUSB-AポートとUSB-Cポート、ACポートの3ポートが搭載されている。注目はやはり最大100W/定格80Wでの出力に対応したACポートで、USB経由では充電できないデバイスやMacBook Proなどの高出力を必要とするデバイスを充電できるほか、比較的消費電力が少ない電気機器であれば通常のコンセントと同じように接続して使うことができる。

そのほか、USB-Cポートは最大30W、USB-Aポートは最大18Wでの出力に対応していて、両ポートを使っての同時充電が可能。また、USB-Cポートは入力にも対応していて、ポータブル電源本体を最大30Wで充電することができる。各種ポートの仕様は以下のとおり。

ポート名 仕様
ACポート 110V-120V/60Hz (最大100W/定格80W)
USB-C(入力・出力) 5V/3A,9V/3A,12V/2.5A,15V/2A,20V/1.5A (最大30W/USB-PD)
USB-A 5V/2.4A, 9V/2A, 12V/1.5A (最大18W/QC3.0)

こちらは付属品として付いてくるケース。本体と一緒に充電ケーブルや小物などをしまっておけるくらいのスペースがあるため、これを使えば充電セット一式を整理整頓して持ち歩くことができる。

ただしケースは少し大きめなので、リュックなどのスペースに余裕がないときにはメッシュカバーのみで持ち歩いた方がコンパクトに収めることができる。本体の素材が傷つきにくいためカバーを付けずに持ち歩いても問題ないとは思うが、綺麗に使い続けたい方はぜひカバーをつけて使っていただきたい。

実際にデバイスを充電してみた

実際に 「RP-PB054Pro」 を使ってデバイスを充電してみた。上記はiPad ProをUSB-Cポート経由で充電したときにチェッカーを使って出力を調べたときのものだが、約28Wで充電できていることが確認できる。仕様では最大30Wと記載されていることから、ほぼ仕様どおりであると言えるだろう。また、USB-Aポートもほぼ仕様どおりの出力で充電できることが確認できた。

こちらはACポートで13インチMacBook Proを充電しているところ。Apple純正の61W充電器を用いて充電してみたが、一般的なコンセントと同じように問題なく充電することができた。

また、ACポートは接続したデバイスがフル充電になったら自動で充電を中止する仕様になっていて、バッテリー残量を無駄に消費することなくスマートに充電を完了できる。バッテリーの充電に時間がかかるデバイスも安心して放置することができるだろう。

USB-CポートとUSB-Aポートはデバイスをつなぐだけで自動で充電が開始されるが、ACポートから充電する際には電源ボタンを一度押すことで充電が開始される仕組みになっている。ACポートから充電する際には、忘れずに電源ボタンを押して充電が開始されるのを確認してから放置するようにしよう。

ちなみに、大出力に対応したポータブルバッテリーは発熱が気になるところだと思うが、本製品の場合は冷却用のファンが底部に搭載されていることもあり、ポータブル電源自体が熱くなることはほぼない。前述のMacBook Proを充電しているときも、接続した充電器の方がむしろ熱いくらいだったため、安心して使うことができるだろう。

まとめ

「RP-PB054Pro」 は20000mAhの大容量バッテリーを搭載しながらもコンパクトなサイズ感を実現していて、日常的に持ち歩いて使うのはもちろん、キャンプや車中泊、災害時などにも活用することができる。

また、USB-C/USB-AポートだけでなくACポートも搭載しているため、充電するデバイスや台数などに応じて様々な充電方法が利用できるのが重要ポイント。たとえば同時充電に対応したマルチポートUSB充電器をACポートに接続すれば、複数のデバイスを一気に充電することもできる。モバイルバッテリーよりも柔軟に使うことができるのはACポートを搭載したポータブル電源ならではのメリットと言えるだろう。

充電にACポートを使うデバイスを持ち歩く機会が多い方、モバイルバッテリーよりも大容量のバッテリーを持ち歩きたい方はぜひ本製品を購入してみてはどうだろうか。

「RP-PB054Pro」 は本日から販売が開始されており、Amazonでの価格は12,999円(税込)。今回も恒例の当サイト限定クーポンを発行していただいており、適用することで15%オフの11,049円(税込)で購入することが可能だ。購入したい方はぜひ活用していただきたい。

15%オフクーポン

クーポンコード:PB054COR
価格:12,999円 → 11,049円
有効期間:2020年8月28日〜8月31日まで

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。