RAVPower、モバイルバッテリー 「RP-PB172」 発売 Lightning/USB-C/MicroUSBの3規格で充電できる新型モデル、初回20%オフ

8月2日、RAVPowerブランドを国内展開するSUNVALLEY JAPANは、新型モバイルバッテリー 「RP-PB172」 を発売した。同製品は本日からAmazonで販売が開始されている。以下のリンクから購入することが可能だ。

20%オフクーポンコード:XWH2KDB4(2019年8月6日23時59分まで有効)
RAVPower モバイルバッテリー 20000mAh【Type-C入出力/18W急速充電/PD3.0対応/QC3.0対応/MFiとPSE認証】大容量 LCD残量表示 iPhone/iPad/Android/Type-C機種等対応 RP-PB172
RAVPower RP-PB172

posted with amazlet at 19.08.02
HERITAGE WISDOM LIMITED

Lightningポートから充電可能なモバイルバッテリー

RP-PB172」 は合計5口のUSBポートを搭載したモバイルバッテリー。5口の内訳は入力用ポートのLightningとMicroUSBポート。出力用ポートのふたつのUSB-Aポート。そして入力・出力を兼任できるUSB-Cポートが1口。実質的に入力ポートが3口、出力ポートが3口存在することになる。

これによって、同モバイルバッテリーはほぼすべてのケーブルに対応していることになる。iPhoneユーザーであれば、Lightningケーブル1本でiPhoneとモバイルバッテリーの充電が可能だ (USB充電器が別途必要)。

各ポートの仕様は以下のとおり。

入力 USB-C 5V/2A、9V/2A、12V/1.5A
(USB-PD 3.0対応, 最大18W)
Lightning 5V/2.1A
(10.5W)
MicroUSB 5V/2A、9V/2A、12V/1.5A
(最大18W)
出力 USB-C 5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
(USB-PD 3.0対応, 最大18W)
USB-A(QC) 5V/3A、9V/2A、12V/1.5A
(QC3.0 対応, 最大18W)
USB-A(iSmart) 5V/2.4A
合計最大出力 5V/3A
(15W)

ちなみにUSB-Cポートは最大18WまでのUSB-PD(高速充電)に対応しているため、USB-C to LightningケーブルがあればiPhoneやiPadの高速充電が可能だ。

搭載されているバッテリー容量は20,000mAh。これはiPhoneが4回近く充電できるくらいの容量だ。Galaxy S9であれば4回、iPad Proなら約1.5回充電できるくらいのバッテリー容量なので、旅行や出張に持っていくことを考えているのであれば、基本はこれ1台で事足りるだろう。

また、同製品の特徴としてバッテリーの残量や充電の状態が一目でわかるLCD表示やワイヤレスイヤホンなど小さなバッテリーモデルも確実に充電できる 「小電流充電モード」 も搭載されている。さらにMFi認証やPSEなど各種認証や⻑期メーカー保証なども完備、安全に使える安心設計だ。

RAVPower RP-PB172」 の価格は4,999円(税込)、本日よりAmazonで購入可能だ。ちなみに同製品の発売を記念した20%オフクーポンが配布されている。Amazonでの会計時に入力することで3,999円で購入できるためそちら是非ご活用を。クーポンは2019年08月06日23時59分まで利用可能だ。

20%オフクーポンコード:XWH2KDB4(2019年8月6日23時59分まで有効)
RAVPower モバイルバッテリー 20000mAh【Type-C入出力/18W急速充電/PD3.0対応/QC3.0対応/MFiとPSE認証】大容量 LCD残量表示 iPhone/iPad/Android/Type-C機種等対応 RP-PB172
RAVPower RP-PB172

posted with amazlet at 19.08.02
HERITAGE WISDOM LIMITED

ちなみに、当サイトではRP-PB172のレビューを公開しているので、同製品が気になった方はぜひとも読んでいただきたい。

関連記事
RAVPower RP-PB172 レビュー | どのケーブルでも充電できる万能さ&残量を数字でみれるインジケーターが魅力の大容量モバイルバッテリー

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。