RAVPower RP-PB186 (リニューアル版) レビュー | 先代モデルから価格を抑えより購入しやすく

9月24日、国内でRAVPowerブランドを展開するサンバレージャパンは、大人気モバイルバッテリー 「RP-PB186」 のリニューアルモデルの販売を開始した。

「RP-PB186」 は、コンパクトながら10,000mAhの大容量のバッテリーを搭載し、USB-Cポートによる急速充電にも対応したモバイルバッテリー。本製品は販売から2万台を売り上げた大人気モデルとなっているが、この度リニューアルで最大出力が18Wとなり、そして従来よりも安く購入できるようになった。

発売に伴い、販売元のサンバレージャパンからサンプルをご提供いただき、実際の仕様や使い心地をチェックすることができた。リニューアル版ということもあり、今回は従来モデルからどのように変化したのかに注目しながら本製品の魅力をくわしく紹介したい。

リニューアルした 「RP-PB186」 を改めてチェック

RP-PB186」 は10,000mAhの大容量バッテリーを搭載しながら、コンパクトな本体サイズを実現したモバイルバッテリー。本体サイズは111 × 51 × 25 mm、重量は約187gとリニューアル前から変わっておらず、とてもコンパクト。iPhone 11 Proと並べると約6~7割程度のサイズしかない。

以前のレビューでもお伝えしたが、この小型化に貢献したのがLG化学製 “21700” 円筒形リチウムイオン電池だ。電気自動車などに使われている高品質バッテリーで、従来のバッテリーに比べて大容量でコンパクトなのが特徴となっている。

搭載ポートはUSB-Aポートが1つとUSB-Cポートが1つの合計2ポート。リニューアル前と同じポート構成ではあるものの、各ポートの仕様が変更されている。

USB-Cポートについては、従来は最大29Wまでの出力に対応していたが、本製品は最大18Wに出力が制限されている。USB-Aポートは最大出力は変わらず18Wだが、12V/1.5A出力には非対応となった。2ポート同時使用時の最大出力も17Wに変更になっていて、以前より出力が抑えられている。

  オリジナル版(旧) リニューアル版(新)
USB-C 最大29W
(5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 14.5V/2A)
最大18W
(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
USB-A 最大18W
(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)
最大18W
(5V/2A, 9V/2A)
USB-C+USB-A 最大29W 最大17W
価格(税込) ブラック:4,299円
ホワイト:4,399円
ブラック:2,999円

上記変更により、本製品は完全にスマホ・タブレット向けのモバイルバッテリーとして生まれ変わった。以前はMacBook AirなどのノートPCであれば充電することはできた(ただし容量の関係で満充電は不可能だった)のだが、用途をもっと限定的にして出力を抑えたことで価格の引き下げにもつながった形だ。

実際にデバイスを充電してみた。USB-CポートでiPhone 11 ProとiPad Proを充電したところ、どちらも出力は約17W。iPhoneに関してはリニューアル前から出力は変わっていないものの、iPad Proに関しては従来が約27Wで充電できたため、充電スピードは劣るという結果となった。

一応純正の充電アダプタ(18W)とほぼ同じくらいの出力ではあるものの、急いで充電することはできなくなったことから、iPad Proをお持ちの方には少し残念な変更とも言えるかもしれない。

また、USB-Aポート単体でiPhone 11 Proを充電したときには約12W程度で充電できることが確認できた。さらにQC 3.0対応デバイスを利用すれば、最大18Wで充電することが可能だ。USB-Aポートに関しては若干の仕様変更こそあったものの、そこまで大きな影響はないと言えるだろう。

ちなみに、本製品のUSB-Cポートは入力ポートも兼ねているため、モバイルバッテリー本体の充電にはUSB-Cポートを使用する。出力が18W以上の充電器を使用すれば、約3.5時間で満充電することが可能だ。

まとめ

リニューアルした 「RP-PB186」 は、バッテリー容量・コンパクトサイズは従来のまま、出力を小型デバイス用に制限したことで価格を引き下げた、ある意味廉価モデルに近い製品だ。

iPad Proを従来のように高速充電できなくなったなど、出力が抑えられたことによる弊害も一部はあるものの、その分価格が1,000円安くなって購入しやすくなったというメリットもある。もともと本製品はスマートフォンやタブレットなど小型デバイスの充電を目的としたモバイルバッテリーで、出力が18Wに抑えられたと言ってもiPad Proの充電自体は変わらずできることを考えると、使い勝手に大きな違いはないと言えるだろう。

付属品としてUSB-C to USB-Cケーブルが同梱

リニューアル版 「RP-PB186」 はAmazonで2,999円で販売中。大容量とコンパクトさを両立し、最大18W出力、2ポート同時充電も可能なモバイルバッテリーがこの価格帯で購入できるのはかなりお得だ。モバイルバッテリーの購入を検討中の方はぜひ候補に入れてみてはどうだろうか。

ちなみに、今回の発売を記念して当サイト限定の15%オフクーポンを発行いただいている。現在Amazonで配布中の5%オフクーポンとも併用することができ、両方合わせると2,399円で購入することが可能だ。購入予定の方はぜひ活用していただきたい。

15%オフクーポン

クーポンコード:PB186CORR
価格(5%オフクーポンと併用時):2,999円→2,399円
利用可能期間:2020年9月30日 23時59分まで

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。