RAVPower RP-PB186 レビュー | 大容量&急速充電が可能なミニマムモバイルバッテリー

スマートフォンやタブレットを使っているユーザーに必携のアイテム 「モバイルバッテリー」 。

最近は比較的大容量のものも安価で購入できるようになり、以前から主流だったUSB-Aポートに加えて急速充電が可能なUSB-Cポートを搭載するものも多くなっているなど、モバイルバッテリーは徐々に進化を遂げてきた。

そしてこの度、さらに新しい次元に到達したモバイルバッテリーがRAVPowerから登場することとなった。ミニマムサイズながら、10,000mAhという大容量バッテリーと急速充電機能を搭載した 「RP-PB186」 だ。

今回の発売に伴い、販売元のSUNVALLEY JAPANから事前に製品を提供していただき実際に試すことができたので、使用感をレビューとしてお伝えしたいと思う。新感覚の超コンパクトモバイルバッテリーが気になる方はぜひ本レビューをチェックしていただきたい。

15%オフクーポンコード:CORRPB186
クーポン有効期限:11月17日(日)23時59分まで

大容量&高出力なのにサイズは超コンパクト

まずは今回紹介する 「RP-PB186」 について簡単に説明しておこう。

本製品は10,000mAhと大容量のモバイルバッテリーで、USB-AポートとUSB-Cポートの2ポートを搭載。ここまで聞くと、最近のモバイルバッテリーとしてはかなり一般的なスペックのように感じるかもしれないが、驚くのはここから。

「RP-PB186」 の最大出力は2ポート合計で29Wと高出力。しかも、これほどの大容量と高出力を実現していながらも手のひらに収まるくらいの超コンパクトサイズを実現している点が最大のポイントだ。

こちらが実物を撮影した写真。iPhone 11 Proと並べて約6~7割程度のサイズしかないことがお分かりいただけると思う。

実際のサイズは約111×51×25mmで、重さも約187gと軽く、これまで使ってきたモバイルバッテリーは一体なんだったの?と思わず言いたくなるくらいのコンパクト具合だ。

デザインはシンプルそのもの

この小型化に貢献したのが、LG化学製 “21700” 円筒形リチウムイオン電池だ。この電池は電気自動車などに使われている高品質なバッテリーで、従来のバッテリーに比べて大容量かつコンパクトなのが特徴。この新しいバッテリーの採用により、これまで見たことがないほどコンパクトな本体サイズが実現した。

冒頭でも紹介したが、本体にはUSB-AポートとUSB-Cポートがそれぞれ1ポートずつ搭載されており、この両方のポートを使ってデバイスを充電することが可能だ。

USB-AポートはRAVPowerの独自技術であるiSmart 2.0を採用しているほか、Quick Charge 3.0に対応。USB-CポートはUSB Power Deliveryに対応していて、どちらのポートでも各デバイスを効率的に充電することが可能だ。

各ポートの最大出力、2ポート同時に使用した際の合計出力は以下の表のとおりだ。

出力ポート 最大出力 2ポート合計出力
USB-C 最大29W
(5V/3A, 9V/3A, 12V/2A, 14.5V/2A)
最大29W
USB-C:最大18W
USB-A:最大10.5W
USB-A 最大18W
(5V/3A, 9V/2A, 12V/1.5A)

実際にデバイスを充電してみた

実際にRP-PB186を使ってデバイスを充電してみた。まずはUSB-CポートでiPhone 11 Proを充電したところ、約17Wで充電できることが確認できた。

次にiPad Proを充電してみたところ約27Wで充電可能で、12インチMacBookも同じく約27Wで充電できた。

また写真には収めていないのだが、USB-Aポート経由でiPhone 11 Proを充電したところ約10Wで充電できることも確認できた。

各デバイスへの出力
・iPhone 11 Pro (USB-A):4.9V x 2.0A = 9.8W
・iPhone 11 Pro (USB-C):8.80V x 1.94A = 17.07W
・11インチiPad Pro (USB-C):14.2V x 1.93A = 27.41W
・12インチMacBook (USB-C):14.1V x 1.89A = 26.64W

10,000mAhのバッテリー容量があれば、iPhoneを含む一般的なスマートフォンであれば1~2回ほどフル充電が可能。iPadなどのタブレットも最低1回分くらいは充電可能だろう。

ただし、RP-PB186のUSB-Cポートは最大29W出力に対応しているものの、残念ながらバッテリー容量の関係でMacBookなどの端末をフル充電まで持っていくことはできないため、基本的にはiPhoneなどのモバイル端末を充電するための製品と考えた方が良いかもしれない。もしMacBookなどを充電する際には、万が一の緊急用という感覚で使用していただきたい。

収納用のポーチが同梱

ちなみに、USB-Cポートは入力ポートも兼ねていて、モバイルバッテリー本体を充電する際にはこちらのポートを使用する。USB-PDに対応した充電器を使えば、約3.5時間で満充電できるはずだ。

RP-PB186には充電用のUSB-C to USB-Cケーブル(1m)が同梱されてくるため、USB-Cケーブルを1本も持っていないという方も安心して購入していただければと思う。

まとめ

以上がRP-PB186の特徴だ。手のひらサイズとコンパクトでありながら10,000mAhもの大容量のバッテリーを搭載し、出力ポートもUSB-AとUSB-Cの2種類が用意されていて、どちらのポートも各種急速充電規格に対応。

モバイルバッテリーとしてのスペックは十分すぎるほどで、かつこれまでにないほどのコンパクトさを兼ね揃えた本製品は、現状では最先端のモバイルバッテリーといっても過言ではないのではないだろうか。

また、これほどのスペックでありながらそこまで高額でないのも嬉しいところ。RP-PB186はブラックモデルとホワイトモデルの2種類が用意されていて、Amazonではブラックが4,299円、ホワイトが4,399円で販売されている (いずれも税込) 。

今回も発売を記念して割引クーポン(15%オフ)を用意していただいたので、今ならブラックモデルが3,654円、ホワイトモデルが3,739円で購入できる。クーポンコードは11月17日(日)23時59分まで有効だ。

15%オフクーポンコード:CORRPB186
クーポン有効期限:11月17日(日)23時59分まで

RP-PB186の購入は以下からどうぞ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。