RAVPower RP-UM003 レビュー | USB-C/Aで繋げる超小型&高速ポータブルSSD

外出時にデータを持ち歩いたり、バックアップなどでデータを退避したいときに便利なのが 「ポータブルSSD」 だ。

外部メディアといえば以前はUSBフラッシュメモリーや外付けHDDが一番に頭に浮かんでいたと思うのだが、これからの時代はSSD。しかも持ち運びを考慮するならポータブルSSDが最適だ。

SSDはどうしても高価というイメージがあり(実際に高価だった)、なかなか手が出しづらい代物だった。ただし、最近は価格がだいぶ下がってきたこと、そしてコンパクト化が進んできたこともあって、一般的な据え置きタイプだけではなく外に持ち出せる小型のポータブルSSDも徐々に需要が増えてきている状態だ。

ポータブルSSDはまだまだ選択肢が狭く、多くがUSB Type-Aコネクタで接続するタイプが多いため、MacBook ProなどUSB Type-Cポートを搭載するデバイスとの相性はイマイチ。しかしながら、そんな不満を解消してくれる便利なポータブルSSDがRAVPowerから登場した。

今回紹介する 「RAVPower RP-UM003」 の大きな特徴は、MacBook ProやiPad ProなどUSB Type-Cポートを搭載したデバイスとケーブル1本で接続できること。もしくは付属してくるUSB Type-C to USB Type-Aケーブルを使えば、USB Type-A搭載デバイスにも接続することができるユーティリティの高さが魅力だ。

今回、この 「RP-UM003」 の発売にともない、国内でRAVPowerブランドを展開しているSUNVALLEY JAPANから本製品のサンプルを提供していただき、仕様などを詳しくチェックすることができた。MacBook Proなどで便利に使えるポータブルSSDを探している方は、ぜひ一度ご検討いただきたい。

「RP-UM003」 発売記念クーポン

クーポンコード:RPUM003CO
セール価格:11,889円(税込) → 9,511円(税込)

割引率:20%オフ
期限:6月21日(日)23時59分まで

デザイン・サイズ

さっそく、今回紹介する 「RAVPower RP-UM003」 のデザインをチェックしていこう。

本製品の最大の魅力はこのコンパクトさにある。512GBという大容量でありながらサイズは102 × 30 × 8.5 mmととても小さい。身近なもので例えるならライターほどのサイズ感で、カバンの小さなポケットにもシュッと入ってしまうくらい。ポータブルSSDとしてはかなり小型の部類だろう。

重量もたったの40g。持ち運びの負担になることはほぼないはずだ。

焼成仕上げの裏面はツルツルとした手触り

外側は1メートルからの落下にも耐えうる亜鉛合金製のケースが採用されていて、衝撃と振動から大切なデータを守ってくれる。また、本体を低温に保つための高性能ヒートシンクが搭載されていて、焼成仕上げの裏面と合わせて優れた冷却性を発揮(触るとちょっとヒンヤリするのはもしかするとそのせいだろうか)。同時に電力消費軽減効果も持っているという。

スティック状の本体先端にUSB Type-Cポートが搭載されており、ここにケーブルを接続することで他デバイスとデータを転送できる。

RP-UM003の付属品

本製品にはUSB-A to CケーブルとUSB-C to Cケーブルが付属するため、大抵のデバイスと接続できるはずだ。USB-C to Cケーブルを使うことで、MacBookやiPad Proと接続することが可能。USB-A to Cケーブルを使えば一般的なPCだけでなく、PS4とも接続することもできる。

データ転送速度

実際に接続してみた。SSDとして重要なのはやはり転送速度。ということで転送速度のベンチマークスコアを計測してみた。

ベンチマークアプリはBlack Magic Disk Speed Testを使用。SSDを搭載したMacBook Proに 「RP-UM003」 と同梱ケーブルを繋ぐかたちで、読み書き速度を検証した。

「RP-UM003」 は最大540MB/秒の読み取りと最大480MB/秒の書き込みに対応していると公式ではアナウンスされている。検証結果はREAD(読込)508.2MB/s、WRITE(書込)443.3MB/sと公式の数字にわずか届かないくらいだったので概ね公式の数字に誤りはないとみられる。

実際に3.84GBのデータが入ったフォルダを転送してみたが、転送し終わるまでにかかった時間はわずか9.07秒。1GBあたり約2.37秒しかかからない計算になる。もし100GBのデータを移すとしたら237秒、つまり約4分しかかからないことになる。

これはポータブルSSDの中ではかなり高速な部類だろう。少なくとも、筆者的には十分に満足のいく速度だった。

iPad Proにも接続してみた

ちなみに、本製品はSSDとしては一般的なNAND型フラッシュメモリが使用されている。NAND型フラッシュメモリは “セル” と呼ばれる区画にビット単位で情報を保存しており、1つのセルに対してどれほどの情報を書き込めるかによって 「SLC(シングルレベルセル)」 「MLC(マルチレベルセル)」 「TLC(トリプルレベルセル)」 といったように形式が分かれている。

現在の主流は 「TLC」 なのだが、同形式は耐久性に難があることから、今回の 「RP-UM003」 では耐久を重視して 「MLC」 を採用している。消えてしまっては困る大切なデータを持ち運ぶ機会が多い方には嬉しい仕様だ。

パスワード保護機能

「RP-UM003」 はセキュリティもしっかりしている。本製品にあらかじめ保存されているソフトウェアをインストール(Windows/Mac対応)することで、パスワードによってデータを保護することができる。パスワードがなければデータを読み書きすることができないため、もし中に会社の重要な機密情報などが保存された状態でどこかに落としてしまっても、第三者が中のデータにアクセスすることは絶対にできなくなっている。パスワードは最大12文字まで設定可能だ。

ソフトウェアは本体の 「mac」 「windows」 というフォルダ内のセットアップファイルを使ってインストールすることができる。もしフォーマットなどでセットアップファイルがなくなってしまった場合は、RAVPowerの公式サイト(URL)からダウンロードしてくることが可能だ。

ただし、パスワード機能が利用できるのはMacやPCのみ。AndroidデバイスやiPad Proではパスワードを解除することができないため、これらのデバイスでファイルを閲覧したい場合はあらかじめMacやPCでパスワード機能を無効にしておくようにしよう。

ちなみに当然ながらパスワードを忘れてしまうとデータを取り出すことができないため、絶対に忘れないパスワードを入力したり、パスワード管理アプリを駆使するなど工夫した方が良いだろう。

まとめ

RP-UM003」 はサイズ・耐衝撃性・転送速度・機密保持のいずれの観点からみても優秀なポータブルSSDだ。

特に筆者が気に入ったのは、やはりカバンの小さなポケットにも入れられる超コンパクト設計。筆者のようにMacBook Proを常に持ち歩くユーザーにとって、荷物の軽量化や小型化はとても重要。本製品のように小さくて軽量な外部ストレージはかなりの魅力だ。

また、MacBook Pro/AirやiPad ProなどのUSB Type-Cポートしか搭載されていないデバイスとケーブル1本でつなげる便利さは、USB Type-AポートのポータブルSSDよりも大きなメリットになるはず。USB Type-Cポート搭載デバイスをメインに使っている方はぜひお手に取ってみてはどうだろうか。

RP-UM003」 はAmazonで11,889円(税込)で販売中。記事公開時点(2020/6/19)では発売記念クーポンが利用でき、使用することで20%オフの9,511円(税込)で購入することが可能だ。

「RP-UM003」 発売記念クーポン

クーポンコード:RPUM003CO
セール価格:11,889円(税込) → 9,511円(税込)

割引率:20%オフ
期限:6月21日(日)23時59分まで

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。