Facebookとレイバンがコラボ。スマートグラス 「Ray-Ban Stories」 海外で発売

現地時間9月9日、Facebookはレイバンとのコラボレーション製品 「Ray-Ban Stories」 を発表。一部の国・地域にて販売を開始した。価格は299ドルから。

Facebookとレイバンがコラボ。スマートグラスを発売

「Ray-Ban Stories」 は、FacebookとEssilorLuxotticaのパートナーシップによって開発されたスマートグラス。

ただ、スマートグラスと言ってもグラスに投影する拡張現実型の製品ではなく、本体に内蔵されたカメラで一人称視点での撮影ができたり、ハンズフリー通話や音楽再生ができる製品になっている。Facebookによれば、本製品はスマートグラスとして第1世代という位置付けで、将来的には拡張現実機能を搭載することを検討しているとのことだ。

「Ray-Ban Stories」 の内蔵カメラは500万画素デュアルカメラ。写真や最大30秒の動画をキャプチャボタンを使って撮影したり、Facebookアシスタントの音声コマンドを使ってハンズフリーで撮影できる。

撮影中はハードワイヤードのキャプチャーLEDが点灯する仕組みになっている。自身が撮影中であることをこのLEDが知らせてくれるという。

撮影した動画や写真は、連動するFacebook Viewアプリで、FacebookやInstagram、WhatsApp、Messenger、Twitter、TikTok、Snapchatなどのアプリに簡単に取り込み、編集・共有できる。

さらに、本製品はハンズフリー通話も可能。流線型のオープンイヤースピーカーを内蔵し、3つのマイクロフォンオーディオアレイによって、通話や動画でも音声を伝達。さらに、ビームフォーミング技術とバックグラウンドノイズ抑制アルゴリズムにより、音声をクリアに拾うことが可能だとしている。

また、Bluetooth経由でスマートフォンの音楽を再生可能。テンプル部分にタッチパッドが搭載されており、そこを触ることで音声のボリューム変更や再生・一時停止が可能。

バッテリー持ちは最大1日、撮影やオーディオ再生を断続的に行なった場合は6時間となっている。バッテリーはUSB-C経由で充電し、フル充電には1時間程度かかるとのことだ。

価格は299ドルから、本日よりオンラインのほか、米国、オーストラリア、カナダ、アイルランド、イタリア、英国の一部の小売店で購入できるという。日本での展開については未定となっている。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。