Razer、新型ゲーミングマウス 「Basilisk V2」 「DeathAdder V2」 1月24日に国内発売へ

1月20日、Razerは新型ゲーミングマウス 「Basilisk V2」 「DeathAdder V2」 を1月24日に国内で発売することを発表した。価格は 「Basilisk V2」 が9,980円(税込)、「DeathAdder V2」 が9,680円(税込) 。本日から予約受付が開始されている。

Basilisk V2

本製品はFPS向けゲーミングマウス 「Basilisk」 シリーズの最上位モデル 「Basilisk Unlimited」 の特徴を引き継いだ有線モデル。カスタマイズ・基本性能の高さをそのままに、無線機能をカットすることで1万円以下の価格を実現したハイコストパフォーマンス機。

「Basilisk Unlimited」 と同じく長めの右ボタン、中指を置きやすい凹型の弧を描くエルゴノミクスデザインフォルムを採用。同時に発売するRazer Focus+センサーおよびRazer オプティカルマウススイッチ、Razer Speedflexケーブルを採用。ライティングシステムRazer Chromaにも対応した。

専用ソフトウェア 「Razer Synapse 3 (Windowsのみ)」 を使うことでチルトボタンを含めた11個のボタンにコマンドを割り当てられる。親指をほぼ移動させずにクリックできるマルチファンクションパドルも装備 (取り外し可) している。そのほか、スクロールホイールの抵抗を調整するダイヤルや、マウス感度を一時的に変更できる機能も搭載する。

価格は9,980円(税込)。以下から予約・購入が可能だ。

DeathAdder V2

本製品は、累計販売数1,000万台を超えるゲーミングマウス 「Razer DeathAdder」 シリーズの最新モデル。シリーズを象徴するエルゴノミクスデザインのフォルムを継承している。

光学式のRazerオプティカルマウススイッチを搭載し、応答反応は0.2ミリ秒、耐クリック回数は7,000万回を誇る。物理的な接点をもつ従来の一般的なメカニカルスイッチだと、チャタリングによる誤操作を軽減するデバウンスディレイソフトウェアを組み込んでいたが、その弊害としてクリック入力にわずかながら遅延が生まれていた。しかし、光学式スイッチであれば物理的に接触しない構造のためデバウンスディレイソフトウェアは不要で、0.2ミリ秒の高速なレスポンス速度を実現しているという。また、構造の簡素化により、耐クリック回数が向上している。

マウス表面に小さな凹凸を加える処理、そして高耐久なラバーサイドグリップを採用することでホールド感が向上、手指の滑りを軽減している点も本製品の特長となる。

また、PTFE100%の素材で作ったソールは耐久性が高いうえに摩擦係数が低く、マウスの滑りが良い状態を長くキープしてくれる。さらにケーブルを除いた重さは82gと軽量。ケーブルはしなやかで断線しづらい「Razer Speedflex」を備えている。

トラッキングセンサーに新型センサー 「Razer Focus+」 を採用したことで解像度20,000DPI、解像精度99.6%の高いトラッキングが可能に。また、反応する高さを “持ち上げるとき” と “下げるとき” それぞれで設定して操作精度を高める 「非対称リフトオフ」 機能なども搭載する。

マウス本体にはプログラム可能なボタンを8個備え、「Razer Synapse 3 (Windowsのみ)」 から自由にコマンドを割り当てられる。さらにDPIやマクロの設定も可能。これらの設定は最大5つまでマウス本体に保存できるため、ゲームごとに最適な設定を呼び起こすことができる。

さらにRazerの代名詞ともいえるライティングシステム「Razer Chroma」にも対応する。

本製品の価格は9,680円(税込)。以下から予約・購入が可能だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。