Razer、ゲーミングキーボード 「Razer BlackWidow V3 Tenkeyless」 「Razer Huntsman Mini – Linear Optical Switch」 を発売

8月25日、ゲーミングデバイスを販売するRazerは、新型ゲーミングキーボード 「Razer BlackWidow V3 Tenkeyless」 と 「Razer Huntsman Mini – Linear Optical Switch」 を8月31日(月)から販売することを発表した。

Razer BlackWidow V3 Tenkeyless

Razer BlackWidow V3 Tenkeyless」 は、Razerの人気キーボード 「BlackWidow」 シリーズの最新版。コンパクトなテンキーレスタイプのキーボードだ。

本製品にはEarly EditionClassic Editionの2種類が用意されていて、Early Editionはテクスチャー加工されたABSキーキャップを採用した英語配列モデルClassic Editionは従来のBlackWidowシリーズと同様のABSキーキャップを採用した日本語配列モデルとなっている。

※本モデルから日本語配列モデルは一部キーのサイズが変更となっており、スペースキーが長くなるなどの調整が行われた。キー数の変更はなし。

「Razer BlackWidow V3 Tenkeyless」 には、クリック感とタクタイル感に優れ、高精度の操作が可能なRazerグリーンメカニカルスイッチが採用されている。押下圧50g、アクチュエーションポイント1.9mmで作動するキータッチで、押し込み感と独特のクリックサウンドが特長だ。

また、Razer Synapse3ソフトウェアによってキーボードのカスタマイズ設定も可能。キーボードを異なるカラーで点灯させられるバックライト機能Razer Chromaテクノロジーが搭載されていて、1,680万色のカラーと様々な発光パターンを好みで選ぶことができる。

「Razer BlackWidow V3 Tenkeyless」 はすでにAmazonなどで予約受付が開始されており、価格は11,800円(税別)。8月31日(月)に発売予定だ。

Razer Huntsman Mini – Linear Optical Switch

Razer Huntsman Mini – Linear Optical Switch」 は、現在販売中のHuntsmanシリーズの小型キーボード 「Huntsman Mini – Clicky Optical Switch」 の別モデル。

販売中のモデルは軽快なクリック感が特長のクリッキーオプティカルスイッチが採用されているのに対し、今回の新型モデルは軽量で高速入力に優れたリニアオプティカルスイッチが採用されているのが特長だ。それぞれのスイッチの違いは以下のとおり。

リニアオプティカルスイッチ (New)
軽量で瞬時に反応。押下圧48g、作動距離1.2mm(他社のリニアメカニカルスイッチより16.67%短い距離)で作動する。

クリッキーオプティカルスイッチ
軽さとクリック感を特長。押下圧45g、作動距離1.5mm(他社のクリック感のあるメカニカルスイッチより30%短い距離)で作動する。

カラーは 「Black」 と 「Mercury White」 の2種類で、キー配列は英語配列のみ。価格は15,436円(税別)で、8月31日(月)に発売予定だ。日本語配列モデルは今後発売予定となっている。


また、今回の新型キーボード2種類の発売と同時に、マウス用の滑り止めテープ 「Razer Mouse Grip Tape」 も発表されている。

本製品はRazerの代表的なマウスであるRazer Viper / Viper Ultimate、Razer Basilisk Ultimate / Basilisk V2 / Basilisk X HyperSpeed、Razer DeathAdder V2、Razer Viper Mini、Razer Death Adder V2 Miniに対応。

マウスの上部と側面に貼ることでグリップ力を高めるほか、表面で汗を吸収して滑りにくくする役割も持つ。価格は1,345円(税別)で、こちらも8月31日(月)に発売予定だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。