AirPods紹介ページから純正ワイヤレス充電マット「AirPower」が姿を消す

ここ数日Appleは新製品を次々と発表しており、昨日にもユーザー待望の新型AirPodsを正式に発表Apple公式サイトで販売を開始している。

この新型AirPodsの発売に伴い、公式サイトの 「AirPods」 紹介ページの内容が刷新。今回新しく発売した第2世代のAirPodsに関する記述が複数追加されているのだが、その中でこれまで掲載されていた 「AirPower」 の画像が削除されてしまっている。このことから、AppleはAirPowerを過去のものにしようとしているのではないかと、一部の海外メディアなどが取り上げた。

AirPowerの画像が公式ページから削除

「AirPower」 は、2017年9月に開催された新製品発表イベントで 「iPhone X」 「iPhone 8 / 8 Plus」 などと同時に発表された純正ワイヤレス充電マット。ワイヤレス充電規格 「Qi」 に対応しており、iPhoneやApple Watch、そしてAirPodsの3つの製品を同時に充電できると発表されていた。

当初、同ワイヤレス充電マットはワイヤレス充電に対応したAirPodsとともに2018年に発売する予定だったが、その後発売が延期。昨日にはようやくワイヤレス充電対応ケースとともに新型AirPodsが発表されたが、残念ながらAirPowerが一緒に発表されることはなく、さらに画像までもが削除されてしまうという事態に。

以前掲載されていた画像

なぜAirPowerの画像が削除されてしまったのかは不明だが、ネット上では 「AppleはAirPowerをなかったことにするつもりなのではないか」 という声が上がっている。

一方で、まだAppleがAirPowerの発売を隠している可能性も残る。そう思う理由は、Apple公式サイトのデザインにある。製品の特徴を紹介するセクションごとに最低1つは画像が配置されるのがいつものAppleの表現方法。しかし、実際にAirPodsの紹介ページを見てもらえれば分かると思うのだが、同ページのAirPodsのワイヤレス充電機能を紹介する 「置く、充電、完了。」 のセクションだけは画像が1つも用意されていない。これは過去のApple公式サイトのデザインとしてはやや不自然なものだ。筆者はこの部分に若干の違和感を感じている。

ここからは完全に筆者の推測なのだが、Appleは本当はAirPowerの画像をここに置くつもりだけど、まもなく同製品が発売することをユーザー達に悟られないよう、あえてここの画像だけ掲載していないのではないだろうか。もしくは、完成したAirPowerの姿形が当初発表していたものから変更となってしまったことから、Appleは今月25日の発表イベントなどで改めて発表しようとしている可能性も考えられる。

そもそも、AirPodsは初めてワイヤレス充電に対応したにも関わらず、商品紹介ページには実際にワイヤレス充電器にAirPodsを置いて充電している画像が一切ないのもおかしい話。やはり、Appleは意図的に何かを隠しているのではないか。

Apple公式サイトのデザインからの想像でしかないため、実際はどうなるのかは不明だが、画像が削除されてしまったことからAirPowerの存在が消されてしまうという考えを持つには、まだ時期焦燥な気もしなくもない。

果たして純正ワイヤレス充電マット 「AirPower」 はなかったことにされてしまうのか、それともここ数日の “新製品ラッシュ” に続く形、もしくは現地時間25日のイベント後に発売されることになるのか。その答えはもうすぐ明らかになるはずだ。

関連記事
新型AirPodsが発売!Hey Siri+ワイヤレス充電に対応 第1世代をワイヤレス充電対応させるバッテリーケースも発売
【比較】新型AirPods (第2世代) は初代モデルからどう進化した?機能・スペック徹底比較 初代モデル所有者は買い換えるべきか
【2019最新比較】新型「iPad Air」と「iPad mini」の違い・スペック徹底解説、買うならどっち?
【比較】新型iMac (2019) は前モデルから何が進化した?スペックを比較

Apple公式サイトでAirPodsやワイヤレス充電対応ケースをチェック!
▶︎ AirPods Pro
▶︎ AirPods + ワイヤレス充電対応ケース
▶︎ AirPods + 通常充電ケース
▶︎ ワイヤレス充電対応ケース(単体)
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。