【今更レビューシリーズ】「Magic Trackpad 2」を1か月使ってみたので使用感をレビュー

magic-trackpad24

「今更レビューシリーズ」として「Magic Mouse 2」「Magic Keyboard」をレビューしてきたが、どちらも使いやすくバッテリー駆動になったことで電池持ちが良くなったという点で「購入する価値はある」とご紹介した。

【関連】【今更レビューシリーズ】「Magic Mouse 2」を使って1ヶ月、使用感をレビュー!

【関連】【今更レビューシリーズ】「Magic Keyboard」を1ヶ月使って感じたこと、あれこれ

だがどちらも「購入する価値はある」が、「購入するべき」だと自信を持って言える製品ではない。大きな変更点が少なく、ちょっとした使用感の違いしかないため、すでに前バージョンを持っている人からすると必ずしも必須なアイテムではないからだ。

第3弾である今日は「Magic Trackpad 2」を紹介しようと思うのだが、こちらは「Magic Mouse 2」「Magic Keyboard」と違いiMacを使うなら是非持っておきたいアイテムだ!

バッテリー駆動になったことでバッテリーの心配をせずに長時間の使用が可能に

従来の「Magic Trackpad」は皆さんご存知の通り、電池式だった。使ってみると分かるのだが、電池切れが思いの外早く、「この前換えたばかりじゃーん」というツッコミがいつも入るほどだった。

だが、新作の「Magic Trackpad 2」はバッテリー駆動に変化。しかも充電は約2時間で完了し、約1か月かそれ以上使えるとのこと。ほとんどバッテリー切れを気にしなくてもいいと言っても過言ではない。

magic-trackpad23

なぜそこまで言い切れるのかと言うと、「Magic Keyboard」同様に「Magic Trackpad 2」の上部にはLightningケーブル端子があり、バッテリー残量が少なくなってきたら充電すればいいだけだから。しかも実際に使用しながら充電することができるので、「Magic Mouse 2」のようにバッテリー切れに困ることはない。

magic-trackpad22

感圧タッチセンサーを搭載しており、「3D Touch」と似た使用感

「Magic Trackpad 2」は今までの「Magic Trackpad」やMacBookシリーズのトラックパッドには搭載されていない「感圧タッチ」に対応している。

どうやって使うかというと、トラックパットを「弱めにクリック」することで、通常のマウスやトラックパッドのクリックと同じ動作をするのだが、「強めのクリック」をするとさらに奥まで押し込める感触になり、Macに特別な動作をさせることができる。

magic-trackpad21背面にはAppleのロゴマークと、滑り止めが4箇所

具体的には「iPhone 6s / 6s Plus」の「3D Touch」と使い方は似ており、リンク先を「強めのクリック」することでちょっとだけリンク先を開いたり、住所を「強めのクリック」することで「マップ」アプリで地図を表示してくれたりと非常に便利だ。

「強めのクリック」に関して、他の機能についてはこちらからどうぞ。

また、「強めのクリック」をするための押す強さをOS側で調整できるところが良い。さらに、「強めのクリック」をした際の動作内容を、ユーザーの好みによって変更することができるのも嬉しいところだ。

大きく薄くなり、操作性が抜群に進化

この「Magic Trackpad 2」が発売されるまで使っていた「Magic Trackpad」はどちらかと言うと縦長型の印象だった。あれはあれで使いやすかったのだが、どちらかと言うと横広になったことでスワイプ操作などがしやすく、またマルチディスプレイで使用するときなどにかなり重宝している。

Appleの公式によると、表面積が29%も広くなり、またどこを押してもクリックできるようになっているとのこと。確かにAppleのいうとおりどんなに端でも、「ポチッ」と押すことができ、快適に使用することができる。

magic-trackpad25

デザインについても、今までのメタリックデザインから真っ白な表面に変化。表面はガラス製で、指でなぞると「Magic Mouse 2」ほどではないがサラサラした感触で使っていて気持ちがいい。

結論:「買い」であることは間違いない。他の2つデバイスに比べても。

正直、この「感圧タッチ」機能だけでも買いではないかと僕は思っているのだが、やはり表面が大型化したことで操作のしやすさは改良され、バッテリー問題も解決した「Magic Mouse 2」に向かうところ敵なしだと思う。

今まで「Magic Trackpad」を利用したことはない人はもちろん、前バージョンからの買い替えもオススメできる製品になっていると思う。

ただ、少し難点なのが値が少々張ること。Apple公式サイトで14,800円 (税別)とポインティングデバイスとしては少し値段が高く、気になったらすぐに購入!とはいかないような気がする。

magic-keyboard-magic-trackpad-2-magic-mouse-2

 

それでも僕はこの商品を買ってみて全くの後悔はないと言える。もともとあまり「Magic Mouse」を使う派ではないのだが、「Magic Mouse 2」を手にしてからより一層触らなくなってしまった。少なくとも「Magic Mouse 2」を買うくらいだったら「Magic Trackpad 2」の方がオススメだ。

ちなみに、システム要件はOS X El Capitan」以上であることが必須となっており、それ以前のOSでは全てを正常に動作させることができないようなので注意してほしい。さらに、ワイヤレス接続には自身のMac「Bluetooth 4.0」を搭載していることも必要なので確認してから購入するようにしよう。

ただ、ワイヤレス接続が出来なくても、Lightningケーブルで接続すれば使用自体はできるようなので詳しくはこちらの記事をご覧あれ。

「Magic Trackpad 2」が気になっている方や購入を検討している人はこちらからどうぞ!

magic-trackpad24
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう