【新製品レビュー】大容量20100mAhモバイルバッテリー「Tronsmart Brio」USB-PDでMacBookをスイスイ充電

2015年4月に新型MacBook、そして2016年10月に新型MacBook Proが登場して以来、USB Type-Cに注目が集まっている。すでに多くのアクセサリメーカーからUSB-C関連商品が発売されている中、Tronsmartから新型USB-C対応モバイルバッテリーが登場しているので紹介したい。

USB-PD対応モバイルバッテリー「Tronsmart Brio」発売

今回、Tronsmartから新商品「Tronsmart Brio」のサンプルを提供していただいた。同製品は、USB-Cポートを搭載した大容量モバイルバッテリーで、USB-PDによる急速充電が可能。MacBookなどUSB-PDに対応したデバイスを充電することができる。

こちらが、「Tronsmart Brio」の本体。全体的に黒カラーで統一されたシンプルなデザイン。表面はマット処理が施されていて指紋がベタベタとつかないように工夫がされている。

握りやすいように中央が膨らんだ丸みを帯びたデザインをしているが、1週間ほど使い込んでみても持ちやすさを感じることはほとんどなかった。

同製品のバッテリー容量は、20100mAh(74.37Wh)。MacBookを1回、iPhone 7 Plusを4.5回以上、Nintendo Switchを3回充電することができる。MacBook純正充電器と同じサイプレス製チップが採用されているため、安心&安全にデバイスを充電できる。

バッテリーのサイド部分には、USB-Aポートが2つと、USB-Cポートが1つの計3種類のポートが用意されており、これらのポートを駆使することで、最大3台のデバイスを同時に充電することが可能だ。

各ポートの出力は、USB-Aポートが5V/2.4A。USB-CポートはPower Deliverty(最大30W:5V/3A, 9V/3A, 15V/2A)の急速充電が可能。ただし、同規格を利用して充電するにはUSB-C to USB-Cケーブルが必要になるという点に注意が必要だ。ちなみに、全ポートを合わせた出力は54W。

バッテリー本体の充電は中央のUSB-Cポートを使う。同梱してくるUSB-A to USB-Cケーブルを利用することで、誰でも充電することができるが、せっかくUSB-PDに対応しているので、できればUSB-C to USB-Cケーブルと高出力なUSB充電器を利用することで、高速でフル充電まで持っていくことができる。

筆者の環境で、同モバイルバッテリーを試しに使ってみた。テストしたのは、Appleの12インチラップトップ端末「MacBook」と13インチ「MacBook Pro」。いずれも2017年モデル。

まず、12インチ「MacBook」に関してだが、こちらは問題なく充電することができた。出力は最大30Wなので、MacBookはフルスピードで充電でき、使用中であってもスリープ状態であってもグングンと充電してくれる。「MacBook」を外に持ち出す時の頼もしい味方になってくれることだろう。

ただし、「MacBook Pro」でバッテリーを充電するには少々パワー不足を感じた。一応、13インチ「MacBook Pro」の画面を暗くして、負荷をかけないようにすることで充電することはできたが、その状態でMacBook Proを使い続けるには少々無理がある。スリープ状態では問題なく充電できていたため、もし「MacBook Pro」で充電するなら使用中に充電するのではなく、使ったらバッテリーを補充するなどの工夫が必要だ。

バッテリー残量を確認するためのLEDインジケータが用意されている

同モバイルバッテリーの性能はざっとこんな感じで、USB-PD対応モバイルバッテリーとしてはそこそこ優秀なものだ。1週間ほど使ってみたが、個人的にはそれなりに高く評価していいのではないかと感じている。

ただし、これは全てのモバイルバッテリーに共通している問題かもしれないが、大容量のバッテリーを搭載した製品はやはり大型で、重量も重いということ。今回紹介している「Tronsmart Brio」も例外ではなく、本体サイズは幅16cm×奥行7.5cm×高さ2.5cmで、重量は360gとそれなりにズッシリとくる。ハンドバッグに入れて持ち歩くには少々難儀な重さで、できればバックパックなど背負うタイプのカバンで持ち運びたいところ。

そのため、同製品がピッタリとはまるユーザーは、「多少サイズが大きくても、大容量のモバイルバッテリーを必要としている方」であることが想定される。iPhoneやiPadといった端末を充電するためだけだったら、もっと小型で軽量なモバイルバッテリーを選ぶべきだ。

以上が、「Tronsmart Brio」の特徴と使用感。上記で触れてきたように、どちらかというとスマートフォンやタブレットを充電するためのものというよりも、USB-C対応デバイス(特にMacBookやNintendo Switch)を充電するのにぴったりな製品と言えそうだ。

もしこれらの製品をお持ちだったら、「Tronsmart Brio」の購入を検討してみてはどうだろうか。数少ないUSB-PD対応モバイルバッテリーとして、選択肢の一つとなってくれるだろう。

Tronsmart Brio」はAmazonで販売中。通常価格は5,999円だが、メーカーのTronsmartから割引クーポンをご提供いただいている。クーポンコードは「IWPMZ8HZ」で、同クーポンを適用すると15%オフの5,099円で購入可能となっているので、お役に立てていただければ幸いだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。