スマホ・タブレット用コントローラー 「ROTOR RIOT Wired Game Controller」 発売。LightningモデルとUSB-Cモデルの2種類が用意

エム・エス・シーは、スマートフォン・タブレット用コントローラー 「ROTOR RIOT Wired Game Controller」 を本日12月3日より販売を開始する。

本製品はLightning接続モデルとUSB-C接続モデルの2種類が用意されていて、価格はどちらも6,400円(税込)。各オンラインストアで購入可能だ。

▼ ROTOR RIOT Wired Game Controller (iOS)
Apple公式サイト
Yahoo! ショッピング

▼ ROTOR RIOT Wired Game Controller (Android)
Yahoo! ショッピング

スマートフォン・タブレット用コントローラー 「ROTOR RIOT Wired Game Controller」 発売

「ROTOR RIOT Wired Game Controller」 は、ドローン操作やゲームに使用できる有線コントローラー。有線接続なので遅延が少なく安定した操作ができるほか、L字型ケーブルの採用によりゲームプレイ時にケーブルが邪魔になりにくい。

また、メニューボタンとオプションボタンの搭載により、わざわざ画面をタップしなければならないストレスが軽減されている。本体にはスマートフォンを固定する 「ZERO-G デバイスホルダー」 が搭載されていて、コントローラーを持つ際にスマートフォンの重さで操作しづらくなる問題を解消している。

本製品にはLightning接続モデルとUSB-C接続モデルが用意されていて、それぞれiOSとAndroidデバイスで利用できる。どちらもゲーミングのためのパワーパススルー充電が可能で、ROTOR RIOTコントローラーとスマートフォンなどのデバイスを接続したまま充電が可能だ。

対応機種は、「ROTOR RIOT Wired Game Controller RR1852 Black for iOS」 がiOS 7.0以降を搭載したLightningポートを搭載したデバイス (※R3とL3は、iOS 12以降のデバイスと対応アプリで動作)。「ROTOR RIOT Wired Game Controller RR1825A Black for Android」 がAndroid 4.1以降搭載し、USB-Cポートを搭載したデバイス。

対応アプリとしては、以下のタイトルが挙げられている。

  • 『原神』
  • 『マインクラフト』
  • 『オーシャンホーン – 未知の海にひそむかい物』
  • 『スターデューバレー』
  • 『NBA 2K20』
  • 『GRID Autosport』
  • 『F1 Mobile Racing』
  • 『Grand Theft Auto: San Andreas』
  • 『Grand Theft Auto: Vice City』
  • 『風ノ旅ビト (Journey)』
  • 『FEZ Pocket Edition』
  • 『The Talos Principle』
  • 『ストリートファイターIV CHAMPION EDITION』
  • 『クロッシーロード』
  • 『LEGO Star Wars: TCS』
  • 『Star Wars: KOTOR』
  • 『FINAL FANTASY Ⅸ』
  • 『レオズ・フォーチュン』
  • 『ソニック・ザ・ヘッジホッグ 2』
  • 『アスファルト9:Legends』
  • 『PS4 Remote Play』
  • 『Steam Link』

など

なお、「ROTOR RIOT Wired Game Controller RR1852 Black for iOS」 については今年11月よりApple公式サイトで取扱いが開始されている。価格はどちらも6,400円(税込)。各オンラインストアにて購入が可能だ。

▼ ROTOR RIOT Wired Game Controller (iOS)
Apple公式サイト
Yahoo! ショッピング

▼ ROTOR RIOT Wired Game Controller (Android)
Yahoo! ショッピング

画像提供:エム・エス・シー

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。