新型27インチiMacはマルチカラー展開?ミニLEDディスプレイではなくLCD液晶との噂も

2022年前半に、AppleはiMacシリーズの上位モデルとして、新型 “27インチiMac” を発売すると予想されている。この27インチiMacは、M1チップを搭載した24インチiMacよりも性能が高いプロ向けモデルとして販売される可能性が指摘されているが、同モデルに対して台湾DigiTimesがサプライチェーンからの情報として詳細を伝えている。

新型27インチiMacはマルチカラー展開に?

DigiTimesによれば、次期27インチiMacはより薄型の筐体デザインを特徴としたモデルになるとのこと。また、24インチiMacと同様にマルチカラーのカラーラインナップを採用するという。具体的な色は不明とのことだが、参考までに24インチiMacのカラーラインナップはブルー、グリーン、ピンク、シルバー、イエロー、オレンジ、パープルの全7色だ。

24インチiMacのカラーラインナップ

これまでの情報では、次期27インチiMacはプロモデルであることを踏まえて、シルバーやスペースグレイといったクラシックなカラー、黒ベゼルを備えた従来色を採用すると予想されていた。

しかし、DigiTimesの情報はこれまでの情報に反するものとなる。DigiTimesは情報の信ぴょう性についてそこまで高くないことから過信するのは禁物だが、もし事実だとすれば27インチiMacシリーズは24インチと同様に好きなカラーを選び放題になる可能性がありそうだ。

ちなみにDigiTimesは、27インチiMacに搭載される画面には、14インチ/16インチMacBook ProのようにミニLEDディスプレイを搭載するのではなくLCD液晶になると伝えている。ミニLEDは搭載しないものの、代わりに搭載するLEDチップ量を従来比30~40%増やすことで、従来よりも高い輝度を実現するとしている。

関連記事
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証
iMac 2021 全機種の性能・違いを比較。24インチ(4.5K, M1)、27インチ(5K)、21.5インチ、あなたにオススメなモデルは?

(via MacRumors )

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。