Apple、ロシアにおける製品販売を停止。露国営メディアアプリも国外で配信停止

3月2日、Appleはロシア国内における製品の販売を終了した。ロシアによるウクライナ侵攻を受けて、ウクライナのミハイロ・フェドロフ副首相がAppleに対しロシア国内でのサービス停止を要請していたが、それに応じる形となる。

ロシア向けのApple公式サイトでは、メンテナンス時などに使用される虹色のAppleロゴが表示されるようになっており、「Магазин Apple Store в данный момент закрыт. (Apple Storeは現在閉鎖されています。)」 との文字が記載。Apple製品の購入ができなくなっていることを伝えている。

(画像:Apple)

Appleは公式サイトにおける製品販売停止に加えて、実店舗での製品販売の停止、小売業者に対する製品供給、Apple Payのサービス停止、ロシア国外のApp Storeにおいてロシア国営メディア 「RT News」 と 「Sputnik News」 アプリの配信を停止を行っている。

さらにウクライナ国内では、Appleマップの交通情報の無効化をおこなっており、渋滞情報や事故情報の表示の停止を実施。これはロシア軍のウクライナ侵攻に利用されないようにするための措置とみられる。

Appleはロシア国内のサービス停止措置にあわせて、「ロシアのウクライナ侵攻を深く懸念しています。苦しむすべての人々の味方です」 「Appleのチームができることを今後も行っていく」 と声明を発表している。

(via 9to5Mac)

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。