次期「Safari v10」では、Safariの拡張機能の配布や販売が可能に

macOS

今後デベロッパーはアプリだけでなく、「Safari」の拡張機能の開発もできるようになるようだ。

「macOS Sierra」に搭載される「Safari v10」のプレビューサイトなどによると、デベロッパーは「Mac App Store」を通じて、「Safari v10」の拡張機能の配布や販売を行えるようになることが明らかになった。

safari

これまでも「Safari」の拡張機能というものは存在していたが、一般のデベロッパーが開発した機能の配布や販売などができるようになるのは初めてのことなので、デベロッパーの方々にはよりブラウジングが便利になるような拡張機能をどんどん配布・販売していただきたい。

「Safari v10」では、その他にも「Apple Pay」のサポートや、動画の「ピクチャインピクチャ」機能などが追加されることが明らかになっている。「macOS Sierra」の新機能とともに、こちらの新機能にも注目だ。

【関連】【新機能全まとめ】Apple、Macの新OS「macOS Sierra」を「WWDC 2016」で発表!新機能をまとめてみた

[ via AAPL Ch. ]

safari
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう