Safari 14、新たに 「WebP」 形式の画像をサポートへ JPEGと比べ画像サイズが約30%少ない画像形式

現地時間6月22日、Appleが 「WWDC20」 基調講演後に公開した 「Safari 14」 ベータ版のリリースノートで、「Safari 14」 が 「WebP」 形式の画像をサポートすることが発表された。

「WebP」 形式とは、Googleが開発している新しい画像フォーマットのこと。JPEGと比べて画像サイズが25~34%小さくなると言われており、非可逆圧縮でもアルファチャンネルを扱えるのが特徴だ。

これまでのSafariはWebP形式をサポートしていなかったが、今秋正式リリースの 「iOS 14」 「iPadOS 14」 「macOS 11 Big Sur」 に搭載される 「Safari 14」 で同形式が正式にサポートされることとなった。

WebP形式はJPGやPNGなどの形式を置き換えるものとして注目されているものの、これまではSafariがサポートしていなかったことから、iPhoneのシェア率が高い日本では敬遠されがちだった。Safariが同画像形式に対応することで、いよいよ日本のWebサイトでもWebP形式の画像が使用されることが多くなりそうだ。

関連記事
iOS 14・iPadOS 14が正式発表。すべての新機能をまとめてみた
次期macOSは 「macOS 11 Big Sur」。新機能をまとめてみた

▶︎ Apple公式サイトで各種「Mac」製品をチェック
 ・27インチiMac Retina 5Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac Retina 4Kディスプレイモデル
 ・21.5インチiMac
 ・iMac Pro
▶︎ Apple公式サイトで各種「MacBook」製品をチェック
 ・MacBook Pro
 ・MacBook Air
▶︎ Apple公式サイトで「Mac Pro / Mac mini」をチェック
 ・Mac Pro
 ・Mac mini
▶︎ Apple公式サイトでMacアクセサリをチェック
 ・Magic Keyboard / Magic Trackpad 2 / Magic Mouse 2 / その他
▶︎ 「Mac」をAppleの学生・教職員向けストアで購入

[ via MacRumors ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。