「Safari 15 beta」 がmacOS Big Sur/Catalinaユーザーでも利用可能に

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Appleは今秋、一般ユーザー向けに正式版 「macOS Monterey」 をリリースする予定だ。同macOSでは、デザインなどに大幅な変更が加えられたSafariの最新バージョン 「Safari 15」 が利用できるようになることが案内されている。

すでに開発者は 「macOS Monterey」 のベータ版で 「Safari 15」 の最新機能に触れることができる状態となっているが、これとは別に 「macOS Big Sur」 や 「macOS Catalina」 でも利用できる新たな 「Safari 15」 ベータ版の配信が開始されたことが判明した。米Apple系メディアMacRumorsが伝えている。

macOS Big Sur/Catalina向けに 「Safari 15 beta」 が配信開始

正式リリース前に 「Safari 15」 のベータ版を利用するには、開発者向けに提供されている 「macOS Monterey beta」 をインストールする方法と、「Safari Technology Preview」 を利用する方法がある。

前者の場合はMac本体のOSをまだ動作が不安定な 「macOS Monterey」 にすることになるため、バグなどでMacがうまく動作しない可能性が常につきまとうが、後者の方法を利用することで、動作が安定している現行OSの 「macOS Big Sur」 やそのひとつ前のバージョンにあたる 「macOS Catalina」 で最新バージョンのSafariを独立して利用できるというメリットがある。

Safariの新機能を試したいが、OSの動作不良を理由に一歩踏み出せずにいた開発者の方々は、「Safari Technology Preview」 を利用してみてはどうだろうか。

ちなみに 「Safari 15」 に関して、初期のベータ版の段階ではタブ・ツールバー・検索フィールドがひとつにまとめられてしまっており、使いづらいといった意見が多くのユーザーから寄せられていたが、最新バージョンの 「macOS Monterey beta 3」 でこの設定を変更できるオプションが用意されるなど調整が行われている。Safari 15の細かな変更点については、リリースノートを確認していただきたい。

関連記事
「macOS Monterey」 新機能まとめ。「AirPlay to Mac」 「ショートカット」 など多数
24インチiMac (M1, 2021) レビュー。新デザインで可愛くなった主力デスクトップMac、新チップによる性能向上を検証

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。