「Galaxy Watch4」 正式発表。Wear OS 3を搭載した新型スマートウォッチ

8月11日、韓国Samsungは新製品発表イベント 「Galaxy Unpacked」 を開催し、スマートウォッチ最新モデル 「Galaxy Watch4」 「Galaxy Watch4 Classic」 を発表した。

「Galaxy Watch4」 「Galaxy Watch4 Classic」 が正式発表

今回発表された 「Galaxy Watch4」 「Galaxy Watch4 Classic」 は、先代の 「Galaxy Watch 3」 の後継機として投入される。

それぞれに違いが設けられており、「Galaxy Watch4」 は 「Active」 シリーズのようなシンプルなデザインを採用したモデル、「Galaxy Watch4 Classic」 は回転ベゼルを備えたモデルだ。音声操作やジェスチャー操作のほか、ベゼルをクルクル回転することによる操作も可能だ。

ケースの大きさは、「Galaxy Watch4」 が40mmと44mmの2種類、「Galaxy Watch4 Classic」 は42mmと46mmの2種類が用意される。

画面サイズは、「Galaxy Watch4」 の40mmと 「Galaxy Watch4 Classic」 の42mmが1.19インチ(396×396ピクセル)、「Galaxy Watch4」 の44mmと 「Galaxy Watch4 Classic」 の46mmが1.36インチ(450×450ピクセル)。

チップセット(SoC)には、Exynos W920を採用。CPU性能は先代比20%、GPU性能は最大10倍向上したという。RAM容量は1.5GBで、ストレージ容量は16GB。

OSは 「Wear OS 3」 。GoogleがTizenをベースに開発したウェアラブルデバイス向けOSとなっている。

バッテリー容量は247mAhもしくは361mAhで、駆動時間は最大40時間。30分で10時間の駆動が可能になる急速充電にも対応する。

ケース背面には光学式心拍センサー、心電図センサー、生体電気インピーダンスセンサーの3つが統合されたSamsung BioActive Sensorが搭載されている。同センサーを利用することで、ユーザーの正確な生体情報を取得することが可能だ。

さらに睡眠の質を計測できる睡眠センサーも搭載。装着者の健康を、腕からサポートすることが可能だ。

Galaxy Watch4 ラインナップ

Galaxy Watch4 Classic ラインナップ

カラーバリエーションは 「Galaxy Watch4」 の40mmモデルがブラック、シルバー、ピンクゴールド、44mmモデルはブラック、シルバー、グリーンのそれぞれ3色展開。「Galaxy Watch4 Classic」 はブラックとシルバーの2色展開となっている。

価格は 「Galaxy Watch4」 が249.99ドル〜(LTEモデルは299.99ドル〜)。「Galaxy Watch4 Classic」 は349.99ドル〜(LTEモデルは399.99ドル〜)となっている。

発売は8月27日を予定しており、米国など先行市場で予約受付が本日から開始されている。日本での展開については現時点では不明だ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。