5年後にSamsungはスマホ市場から撤退?ライバルはAppleではない!

世界のスマホ販売シェアが1位のSamsungがスマホ市場から撤退するという、にわかには信じられない予測が出ているのでご紹介!

安価なスマホメーカーにシェアを奪われる?

「Galaxy」シリーズを武器に世界1位のシェアを獲得しているSamsung。だがここにきて、スマホ市場から撤退を余儀なくされるだろうという予想が出ている。

samsung

アナリストBen Bajarin氏の予想によると、サムスンは現在「イノベータージレンマ」という問題を抱えているというもの。

Android市場を開拓し、世界のシェアを大幅に伸ばしたSamsungは、現在、自身の最大ライバルとしてAppleを意識しているはず。だが、もし今後もAppleと同価格帯のスマホを販売するにはApple以上に手強い敵がいるというのだ。

それはもっと安価なスマホメーカーだ。現在Andorid市場には300ドルから400ドル(約35,000円〜約48,000円)の価格帯のスマホがゴロゴロある状態で、同じAndorid OSを使う以上、価格競争で勝つことができないとのこと。

Samsung

これを踏まえてBajarian氏は、SamsungがAndroid市場で戦う限り、どんな製品だろうと勝つことはできないと指摘している。

Samsungは自社OSを開発するしかない

Bajarian氏は、このAndroid市場から抜け出すには自社OSの開発が必要だと考えているようだ。

最近のAndroid市場の流れは「安価で使えればいい」が主流。価格にすると300ドル以下のスマホがメインで、それ以上の金額のものに関してはユーザーは欲しがらない。自動的にiPhoneとAndroid端末との間のスペック差は開いていくことになるとAndroid市場の問題点も指摘する。

実際に、Androidからの脱却を目論むSamsungは、自社で推進する新OS「Tizen」の開発に本腰を入れていると伝えられていることを考えると、信ぴょう性がある話かもしれない。

これらを踏まえてBejarin氏は、「Samsungはスマホ市場から5年以内に撤退する」と予想している。

5年という数字はあまりに早急すぎる気もしなくはない。しかしSamsungは、従業員数や自社ビルなどの資産を大幅に整理している最中だ。今後もスマホ市場で生きていくには、決して今のままではいられないのは事実なようだ。

[ via Tech Pinions ]

Samsung
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう