Samsung、「折りたたみスマホ」 のプロトタイプ初披露 本のように開くことで7.3インチの大画面に

11月7日、韓国Samsungは米サンフランシスコでデベロッパー向けイベント 「Samsung Developer Conference 2018」 を開催し、以前から期待されていた折りたたみスマホのプロトタイプを公開した。

「折りたたみスマホ」のプロトタイプが公開

公開されたのは、「Infinity Flex Display」 と呼ばれるフレキシブル有機ELディスプレイを搭載した新型スマートフォン。本のように開いたり閉じたりできるユニークな端末となっており、内側には7.3インチ、外側には4インチの画面が搭載されている。

内側に搭載された画面は折りたたみが可能で、折りたたんだ時は外側の画面を使って操作が可能。やや厚みはあるが、従来型のスマートフォンのように使うこともできるようだ。

同スマートフォンにはSamsungが開発した独自UI 「One UI」 が採用され、外側と内側のディスプレイの切り替えが自動、そしてとてもスムーズ。ユーザー側での操作は特に必要なく、端末を開くあるいは閉じるだけで、もうひとつの画面に作業環境が移行する仕組みになっているという。

また、内側のフレキシブル画面を使用する際は、最大3つのアプリを同時起動することができる 「Multi-Active Windows」 機能が利用できる。これは、Samsungの端末内ではもちろん、Android端末でも初めての試みとなる。

今回披露されたのはあくまでコンセプトで、デザインは一部変更される予定であるとのことだが、この新型スマートフォンは、今後数カ月で量産体制に入り、一般に向けて販売される予定となっている。おそらく来年1月から3月の間に発売されるのではないだろうか。正式名称や価格については明かされていない。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。