Samsung、新型スマートウォッチ「Galaxy Watch」を正式発表

現地時間8月9日、Samsungは新型ファブレット「Galaxy Note9」および独自スマートスピーカー「Galaxy Home」の発表と同時に、新型スマートウォッチ「Galaxy Watch」を発表した。

これまでSamsungは「Gear」というシリーズのもとでスマートウォッチを販売してきたが、今回のリブランドで新たに「Galaxy」の名前を付与したことで、Samsungのプロダクト全体を統一感のあるものに変えている。

「Galaxy Watch」は、有機ELディスプレイ(Super AMOLED)を搭載したスマートウォッチ。

42mmモデルと46mmモデルの2種類が用意されており、どちらも円形の画面が特徴的。

ガラスにはゴリラガラスDX+が採用されており、落下による耐久性に優れているとのこと。耐水性にも優れており、プールで潜水も可能だ。また、LTE対応モデルに関してはモバイル通信機能が利用できるため、スマートフォンが手元になくても使用することができる。

ウォッチフェイスのデザインは全部で6万以上。時計の表情を自由にカスタマイズすることができる。

また、心拍数のトラッキング機能が搭載されており、ユーザーの心拍数の変化から呼吸を一度落ち着かせる機能が利用できる。また、この心拍数の計測で自動でエクササイズを検出することもできる。

「Galaxy Watch」は、8月24日から米国で販売開始。韓国では8月31日で、そのほかの国に関しては順次販売が開催される予定になっている。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。