Galaxy Noteブランドが正式に廃止。今後はGalaxy Sシリーズのウルトラモデルに置き換え

Galaxy Note20/Note20 Ultra

2020年に発売した 「Galaxy Note20」 を最後に、新型モデルが登場していない 「Galaxy Note」 シリーズ。その最大の特徴だったSペンがGalaxy Sブランドのウルトラモデル (最上位モデル) で使えるようになったことから、今後 「Galaxy Note」 の新型モデルが登場することはないと予想されていたが、ついに同ブランドの廃止が正式に確認されたようだ。

サムスン電子のMX (モバイルエクスペリエンス) 部門の責任者を務めるRoh Tae-moon氏は、スペインのバルセロナで開催されているMWC 2022の会場内にあるサムスン電子のブースにて、記者たちに対し 「Galaxy Noteシリーズは今後毎年Galaxy Sシリーズのウルトラとして出てくる」 と発言したことが明らかになった。

「Galaxy Note」 シリーズの廃止をサムスン電子の責任者が認める

「Galaxy Note」 シリーズは、大型ディスプレイを搭載したSamsungフラグシップスマートフォンとして、毎年新型モデルが投入されていた。初代モデルが登場したのは2012年。3インチ級の画面を搭載したスマートフォンが多いなか、5.3インチの大画面を搭載したほか、スタイラスに対応するなど、新たなスマートフォンのカテゴリーとして注目された。

最後の製品が発表されたのは2020年8月。「Galaxy Note20」 「Galaxy Note20 Ultra」 の2モデルラインナップで投入され、前者は6.7インチ、後者は6.9インチの大画面を搭載。日本では 「Galaxy Note20 Ultra」 が販売された。

残念なことに 「Galaxy Note」 ブランドは、正式に廃止されることになる。同ブランドの廃止はこれまでも報じられていたことだが、Samsungは半導体不足に直面していることなどを理由に同ブランドの廃止を正式に決定していなかった。しかし、同ブランドをしばらく作らないうちに折りたたみスマートフォン 「Galaxy Z Fold」 「Galaxy Z Flip」 シリーズの人気が出ていること、「Galaxy S」 シリーズのウルトラモデルがSペンをサポートするようになったことから、「Galaxy Note」 ブランドを継続する理由が少なくなっていたとみられる。

Galaxy S22 Ultra

今後はフラグシップスマートフォン 「Galaxy S」 シリーズのウルトラモデル (最上位モデル) として、そのエッセンスが残ることになる。シリーズのファンの方にはすこし寂しいお知らせとなってしまうかもしれないが、今後投入される 「Galaxy S」 シリーズのウルトラモデルに期待してみてはどうだろうか。

(via The Verge)

▶︎ 各キャリアで最新の 「Galaxy」 シリーズを購入する
ドコモオンラインショップ
auオンラインショップ

(画像:Samsung)

Galaxyは、Samsung Electronics Co.,Ltd.の商標または登録商標です。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。