Samsung、「iPhone 7s」発売に向け有機ELディスプレイの製造強化へ

先日、Appleは2017年に発売すると噂されている「iPhone 7s」で有機ELディスプレイを搭載したモデルを登場させるのではないかという報道があったが、その有機ELディスプレイの受注に向けて、Samsungが製造の強化に乗り出すことが明らかになった。

安定した供給ができるという強みをアピールか

日本経済新聞によると、Samsungは、韓国中部の忠清南道・湯井にある工場の設備増設工事を7,150億ウォンで受注したようだ。また、Samsungはすでに有機ELディスプレイの製造装置を別途、発注しており、新たな生産ラインは17年中に稼働する見通しになるとのこと。

Samsungは世界でも有数の有機ELディスプレイの大手企業だ。今回の設備工事やラインの増強は、その安定した供給という強みを活かして、有機ELディスプレイが搭載されると噂されている「iPhone 7s」の有機ELディスプレイの受注を確保したいというSamsungの意図が感じられる

iphone7concept02161

有機ELディスプレイは消費電力が少なく、画面のカラーがはっきりと映し出されるというメリットがあるため、AppleがiPhoneに採用する可能性は十分にあり得るディスプレイ技術だ。

通常、Appleは複数のメーカーから部品を調達する傾向が強く、すでにLGやJDI、Foxconnなどが有機ELディスプレイの供給に名乗りを上げているが、これにSamsungも加わるような形となるのだろうか。

前述した通り、有機ELディスプレイが搭載されることで、バッテリー持ちや画面がはっきり見えるようになる。まだ「iPhone 7s」に有機ELディスプレイが搭載されると決まったわけではないが、iPhoneユーザーである僕としては搭載されるのが非常に楽しみだ。

[ via 日本経済新聞 ]

iphone7concept02161
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう