Samsung、韓国国内でもシェア50%以下に iPhone優勢

不振が伝えられているSamsungにさらなる悲報だ。
なんとSamsungの韓国国内シェアが50%を下回ったとのことだ。

Appleの「iPhone」にシェアが奪われる

韓国といえば、Samsungのお膝元市場で、世界屈指のSamsung販売率の高い国だ。販売シェアに関しては今年の6月にはSamsungが63.4%と非常に高いシェアを獲得している(Appleは13.1%)。

Samsung

そんなSamsungだが、韓国国内でのスマホ市場でのシェアが下がってきて、つい先日の調査ではシェアが半数を下回る結果になってしまった
日本では「iPhone 6s」が9月に発売になったが、お隣韓国では10月に発売されたばかり。一時的ではあるが、「iPhone 6s / 6s Plus」の販売数に押された結果、スマホシェアが50%を下回った形となっている。

ちなみに、LGのシェアについても9.0%低下し、12.9%になった。

今回は新型iPhoneのおかげで販売シェアが落ちる結果になったわけだが、一時的とはいえ、Samsungの不振を象徴する出来事だと思う。この先、Samsungが巻き返しをはかれるか注目どころだ。

[ via NAVER ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。