Samsungのスマートテレビ、GoogleアシスタントやAlexaをサポート AppleのiTunes MovieやAirPlay 2に続きマルチプラットフォーム対応へ

昨日、SamsungのスマートテレビがAppleのiTunes MovieやAirPlay 2に対応すると発表されたことが世界を賑わしたが、さらにGoogleアシスタントやAlexaなど他社の人工音声アシスタントにも対応することが明らかになった。

Samsungは現地時間1月6日、同社のスマートテレビにGoogleアシスタントのサポートを追加することを明らかにしている。サポートは2019年後半を予定。ただし、対応はGoogleアシスタントを搭載したデバイスをテレビに直接接続している場合のみで、Samsungが開発した人工音声アシスタントBixbyが依然としてメインの音声コントロールを担うのはこれまでと変更なしだ。

また、対応は2019年後半とされているが、どのスマートテレビ(モデル)が対応するのかは明らかにされていない。おそらく2019年内に発売したスマートテレビは対応するものと予想されるが、数年内に発売した製品が対応するかどうかは明らかになっていない。

ちなみに、いまだに正式発表されてはいないものの、SamsungのスマートテレビはAmazonのAlexaにも対応する予定となっている。これについては海外メディアのThe Vergeが報じており、現在開催されているCES 2019で正式に対応が発表されることが予想される。また、SamsungのスマートTVは、iTunes Movies and TV ShowsとAirPlay 2に対応することが昨日に発表されている。

[ via 9to5Google ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。