NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が12月24日18時よりサンタを追跡開始

世界中の子どもたちにプレゼントを配るサンタさんは今年も大忙しのようだ。

NORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)はサンタの追跡サービスを12月24日18時より提供開始した。追跡サービスはiOS/Android向けアプリ、WEBサイトにて展開されており、同サービスを利用することで、プレゼントを配るサンタさんの様子を追跡することが可能。

NORADによるサンタ追跡は、前身である中央防衛航空軍基地(CONAD)が1955年より行なっていたが、1958年に現在のNORAD(北アメリカ航空宇宙防衛司令部)が継承してから毎年サンタの追跡を行っている。追跡はオンラインで可能だが、北米などでは直接NORADに電話することでサンタの位置を教えてもらうことも可能だ。

NORADのサンタ追跡サイトでは、サンタやサンタの魔法のそり、クリスマスの伝統を学べる “図書館” が用意されているほか、NORADの役割を伝えるページも用意されているため、気になる方はサンタの追跡ついでに見てみてはどうだろうか。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。