【iOS9】WEBページをPDFで保存する方法 for Safari

iBooks

iOS 9から、読んでいるWEBページをPDFファイルにして保存することが可能になっているのでご紹介。

Macではプリント機能から行うことで定番になっているこの機能だが、iPhoneではiBooksを使うことで可能になっている。誰でも簡単にできる方法なので、ぜひ頭に入れておいてほしい。

PDFファイルをiPhoneに保存する方法

まず、PDF保存したいWEBページをSafariで開く

【iOS9】WEBページをPDFで保存する方法 for Safari4

画面下の「メニュー」をタップして、「PDFをiBooksに保存」をタップする。

【iOS9】WEBページをPDFで保存する方法 for Safari3

そうすると、「iBooks」に先ほどのページがPDFファイルで保存されているので確認しよう(「iBooks」はiPhoneに最初からプリインストールされているので別途ダウンロードする必要はない)。以上で完了だ。

PDFファイルとして保存しておくと、後からメールで送信したり、プリントアウトすることも可能なので覚えておこう。

ちなみに、iPhoneからPDF保存するとモバイル表示形式での保存になってしまうので、もしPCでPDFを閲覧する機会があるのであれば、PDFを保存する段階であらかじめPCサイト表示にしてからPDF保存しておこう。

PCサイト表示の方法

先ほどと同様、PDF保存したいWEBページをSafariで表示。

【iOS9】WEBページをPDFで保存する方法 for Safari2
そして、画面下のメニューから「デスクトップ用のサイトを表示」をタップ。
それからもう一度、「PDFをiBooksに保存」を選択しよう。

iBooksに保存することで他のAppleデバイスと共有が可能

現在、iBooksはiPhoneだけでなく、MacやiPadにも導入されている。そのため、iCloudさえ有効にしておけばPDFファイルは自動的に同期されているはずだ。有効に活用しよう。

iBooks
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう