Apple、「macOS Sierra」「OS X El Capitan」向けに「Security Update 2018-001」を配信開始 脆弱性「Meltdown/Spectre」に対応

本日、Appleは一般ユーザー向けに各種最新OSを公開しているが、同時に「macOS Sierra」「OS X El Capitan」向けに、セキュリティアップデート「Security Update 2018-001」の配布を開始している。

同セキュリティアップデートは、macOS Sierra 10.12」「OS X El Capitan 10,11」のセキュリティの向上のために公開されている。すべてのユーザーに対して推奨されているため、同OSを利用している方は速やかにアップデートをしておいたほうが良いだろう。アップデートはMac App Storeから。

ちなみに、具体的なセキュリティアップデートの内容は明かされていないが、おそらくIntelのプロセッサに存在する脆弱性「Meltdown」「Spectre」に対応するためのアップデートであることが予想される。

リリースノートは以下のとおり。

セキュリティアップデート 2018-001 10.12.6

セクリティアップデート2018-001をすべてのユーザーに推奨します。このアップデートを適用すると、macOSのセキュリティが向上します。

このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のWebサイトを参照してください。https://support.apple.com/ja-jp/HT201222

同日、Appleは「macOS High Sierra 10.13.3」を公開している。こちらも複数の脆弱性が修正されているため、要チェックだ。

Apple公式サイトで各種Mac製品をチェック

▼ ラップトップMac
MacBook Air
MacBook Pro

▼ デスクトップMac
Mac mini
24インチiMac
Mac Studio
Mac Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。