携帯大手3社、青函トンネル内で携帯通信ができるようエリア整備を実施へ 提供時期は来年3月以降

6月28日、ドコモ・au・ソフトバンクの3社は青函トンネル内でも携帯電話での通信ができるよう、サービスのエリア整備を実施することを発表した。利用できるようになるのは2019年3月以降になる予定だ。

従来までは避難所となっている旧海底駅のみで携帯通信が可能だったが、今回の整備により、青函トンネル全域で通信が可能になる。

通信が可能になる回線はドコモ・au・ソフトバンクの3回線。また、ソフトバンク傘下のワイモバイルでも通信できるようになる予定であるとのこと。

これにより、新幹線での移動中に仕事の関係で携帯通信を使うということも可能に。本州と北海道を行き来するユーザーにとっては重要な整備になりそうだ。

[ img via Toshihiro Gamo ]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。