2021年4月以降はMac・iPadの供給不足に直面する可能性。世界的な半導体不足によるリスク

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間4月28日、Appleは2021年第2四半期 (2021年1~3月期) の決算発表を行い、同決算のカンファレンスコールの中でCEOティム・クック氏は、今後のiPad・Macの供給について発言した。

昨今の半導体不足でMacとiPadの供給に影響が出る可能性あり

クックCEOは、昨今の世界的な半導体不足はMacとiPadの供給に大きな影響を与える可能性があることを明らかにした。もし半導体の供給が限定的なものになった場合、MacとiPadの生産ペースが鈍り、業績が30〜40億ドル規模で押し下げられる可能性があるとのこと。

チップ不足のリスクについては2021年下半期(2021年4月〜9月)を想定しているものの、これらのチップ不足が解消されるのがいつ頃か問われた際は、「良い答えを出すのは難しい」 とし、「製品の需要を満たすために最善を尽くす」 と発言している。

ちなみにAppleは今年4月に新型iMacとiPad Proを発表したが、発表は発表から1ヶ月後とするなどAppleにしては珍しい販売スケジュールをとっている。これはおそらく世界的な半導体不足によるもので、本来はもう少し早く発売する計画だったものとみられる。

半導体の不足は最新のハイエンドチップだけでなく、幅広い市場向けに製造・出荷される 「レガシーノード」 など広範囲に及んでいる。現状で半導体不足の解消時期についてはメドが立っておらず、Appleだけでなく世界の多くの企業に影響を与えている。

関連記事
iMac 2021 全機種の性能・違いを比較。24インチ(4.5K, M1)、27インチ(5K)、21.5インチ、あなたにオススメなモデルは?
MacBook Air レビュー (M1, 2020) 高性能M1チップ搭載でAirがProを超える。バッテリー持ち大幅向上で1日いっぱい使えるように

▼ Apple公式サイトでMacBook製品をチェック
MacBook Air
MacBook Pro

▼ Macアクセサリ
Magic Keyboard
Magic Trackpad
Magic Mouse
その他

▶︎ 学生・教職員向けストア

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

Apple、Appleのロゴ、Apple Pay、Apple Watch、FaceTime、GarageBand、HomePod、iMovie、iPad、iPhone、iPhoto、iSight、iTunes、Retinaは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。
※iPhoneの商標は、アイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
※App Store、AppleCare、iCloudは、Apple Inc.のサービスマークです。

(当サイトで使用している画像は、いずれも正しい形での引用を行うか、各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。