「iOS 15」 のSharePlay機能は今秋後半リリースの 「iOS 15.X」 で実装予定

「iOS 15」 の目玉機能のひとつSharePlay機能は、今秋リリース予定の 「iOS 15.0」 では実装されず、今秋後半にリリース予定の 「iOS 15.X」 で実装される予定であることがわかった。

現地時間17日、Appleは開発者向けに 「iOS 15 Beta 6」 を公開。同ベータ版のリリースノートにて、SharePlayのリリース時期について明記している。

SharePlay機能は今秋後半の 「iOS 15.X」 でリリース予定

SharePlayとは、FaceTime通話中に音楽や映像を同時視聴できる機能。キャプチャして相手に送信する仕組みではなく、それぞれのデバイスで同時にコンテンツを再生する仕組み。

コンテンツは同期された状態で再生されるため、まるで同じ部屋で一緒に視聴しているように楽しめる。SharePlayはピクチャ・イン・ピクチャに対応し、チャットとコンテンツの視聴を両立できる。なお、「Apple TV」 に再生場所を移すスマート機能も用意されている。

Appleによると、SharePlay機能は 「iOS 15 Beta 6」 および 「iPadOS 15 Beta 6」 では無効になっており、今秋の最初のリリース (つまり正式版iOS 15.0 / iPadOS 15.0) では実装されず、今秋にリリース予定のソフトウェアアップデートによって正式に実装される予定だという。

SharePlay has been disabled for use in iOS and iPadOS 15 developer beta 6 and will be disabled for use in its initial release this fall. SharePlay will be enabled for use again in future developer beta releases and will launch to the public in software updates later this fall. To continue your development, we have provided a SharePlay Development Profile which will enable successful creation and reception of GroupSessions via the Group Activities API. (81816137)

より具体的なスケジュールは明らかにされていないものの、”今秋後半” とされていることから、おそらく10月か11月頃に利用可能になるのではないだろうか。

なお、SharePlayはAPIが開発者に提供されるため、サードパーティのコンテンツでも利用することが可能になる。サードパーティの開発が継続できるよう、開発者向けにはAPIが現行ベータ版でも提供されている。

関連記事
「iOS 15」 WWDCで正式発表。新機能やリリース日などまとめ
Beats Studio Buds レビュー | ノイキャン対応のBeats新型ワイヤレスイヤホンはAppleワールドへの水先案内人

▶︎ 最新iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。