シャープ空気清浄機「KC-G50/KI-HS70」がセール特価 プラズマクラスター25000搭載モデルが過去最安値25,800円に

花粉飛散が本格化するいま、花粉症の人にとって最も役立つ家電はおそらく空気清浄機だろう。

その空気清浄機が、本日から開催されているAmazonタイムセール祭りで特価販売されている。一部のモデルは型落ち品ながらも過去最安値を更新、さらにミドルレンジモデルは過去最安値に近い価格で販売されている。以下、セールの詳細をお伝えしたい。

シャープの空気清浄機がタイムセールで特価に

今回セールになっているのはシャープの空気清浄機3モデル。1つ目は加湿機能付き空気清浄機のエントリーモデル 「KC-G50」 、2つ目はスタンダードモデルの 「KI-HS70」 。そして、3つ目は加湿機能を搭載していない空気清浄機のエントリーモデル 「FU-H30」 だ。

これらの製品は1世代前のモデル (つまり型落ち品) に該当するため、在庫処分に近い形でセール価格で販売されているようだ。「KI-HS70」 は25,800円(税込)、「FU-H30」 は7,780円(税込)と、どちらも過去最安値で販売されている。また、「KC-G50」 は14,480円(税込)と残念ながら過去最安値ではないが、それに近い価格での販売となる。

  • KC-G50  /プラズマクラスター7000搭載・加湿機能あり
  • KI-HS70 /プラズマクラスター25000搭載・加湿機能あり
  • FU-H30  /プラズマクラスター7000搭載・加湿機能なし
    (その他、詳細な比較は公式サイトから確認を)

多数のモデルが用意されているため違いがやや分かりづらいシャープの空気清浄機だが、これら3つのモデルには明確な違いがいくつかある。

まずは加湿機能の有無だが、前述したように 「FU-H30」 に同機能は搭載されておらず、「KC-G50」 「KI-HS70」 には搭載されている。冬場の乾燥に対応できるのはこれら2つのモデルだろう。

さらに、菌やウイルスといった臭いの元となるものを除去するプラズマクラスターの性能についてだが、「KC-G50」 「FU-H30」 に関しては浮遊カビ菌・アレル物質・洗濯物の生乾き臭を除去するプラズマクラスター7000が搭載されているが、スタンダードモデルの 「KI-HS70」 には浮遊臭い原因菌や付着カビ菌なども除去できるプラズマクラスター25000が搭載されている。そのほか、空気を綺麗にできる部屋の面積にも違いがあり、上位のモデルになるにつれてより大きな部屋で使えるようになっている。

一般的な家庭であれば、個人的には 「KC-G50」 でも十分な性能だと考えているが、さらに強力な空気清浄機が欲しい場合はハイエンドモデルの 「KI-HS70」 を選ぶのもありだろう。ちなみに、「FU-H30」 に関しては加湿を必要とせず、10畳以内の空気清浄・プラズマクラスター機能だけが必要な場合にのみ選択肢に入るだろう。

セール価格は以下の通り。花粉症の方はもちろん、自宅の臭いやホコリなどが気になる方は導入してみてはどうだろうか。

シャープ 空気清浄機 FU-H30
7,780円 (過去最安値)
シャープ 加湿 空気清浄機 KC-G50
14,480円
シャープ 加湿 空気清浄機 KI-HS70
 25,800円 (過去最安値)

今回の 「Amazon タイムセール祭り」 の開催と同時に、Amazonはポイントアップチャンスキャンペーンを実施している。同キャンペーンでは、タイムセール祭り期間中に合計10,000円以上の買い物をすると、通常より多い最大9.5%のAmazonポイントが還元される(最大5,000ポイントまで)。

本キャンペーンに参加するには、Amazonにサインインした状態で 「参加ページ」 を閲覧するだけ。何かを購入する前には必ずこちらの参加ページを閲覧しておこう。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。