Mac版 「Shazam」 アップデートでApple Siliconにネイティブ対応。アイコンも刷新

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

現地時間8月11日、Appleは曲名検索アプリ 「Shazam」 Mac版のアップデートを約2年ぶりに実施。Apple Siliconのサポートを追加したほか、アプリアイコンのデザインを今秋リリース予定の 「macOS Monterey」 のデザインに合った新しいものに変更した。

「Shazam」 は、周囲で流れている音楽を聞き取り、楽曲名やアーティスト、歌詞などを表示してくれるアプリ。今回のアップデートにより、Mac版 「Shazam」 はIntelプロセッサとApple Siliconの両方でネイティブに動作するようになった。

MacでShazamを使いたいときは、メニューバーにアイコンを追加してクリックするか、Siriに 「これは何の曲?」 と質問すれば、音楽を聞き取って何の楽曲が流れているかを教えてくれる。

ちなみにMac版 「Shazam」 に関しては、2019年のAppleによるShazam買収以降ほとんどアップデートが行われてこなかったことから、今回が初の大きなアップデートということになる。アプリのアップデートはMac App Storeから可能だ。

(via MacRumors)

(画像:Apple)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。