しまむら、ネット通販に参入 Amazonや楽天などEC事業を展開

[ img via Tamaki Sono ]

衣料品大手しまむらがEC事業を展開することが明らかになった。7日、日本経済新聞が報じた。

しまむらは、楽天市場などと交渉を進めている段階で、早ければ今年5月にも主力の「ファッションセンターしまむら」の商品取り扱いをスタートさせるという。またそのほかにも、「ZOZOTOWN」や「Amazon」といった大手通販サイトにも出店を検討しているとのこと。

しまむらはこれまで、店舗販売に重点を置いてきたため、同業他社に比べると店舗への依存度が高いのが現状。ただし、衣料品の通販取引が拡大している現状から、EC事業展開に踏み切ることに決めたようだ。ネット販売に関しては後発となるものの、値段の安さを武器に販売拡大を進めるものとみられる。

ちなみに、しまむらはネット販売によって将来的には1000億円規模の販売を目指しているとのこと。また、ネットで注文した商品を店舗で受け取る形式の販売も検討しているとのことだ。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。

コメントはこちら

※当サイトではスパムフィルターを導入しております。返信がない場合はお手数ですが「お問い合わせ」よりご連絡ください。