『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』Steamで5月25日発売。メガテンシリーズ初のSteam展開、本日から予約開始

3月20日、アトラスはSteam版『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』を5月25日に発売することを発表した。

通常版とデジタル豪華版の2種類が用意されており、どちらも本日より予約受付を開始している。デジタル豪華版を購入した方はゲーム発売4日前の5月21日にプレイ可能となるアーリーアクセス権を得ることが可能だ。

Steam版『真・女神転生III NOCTURNE HD REMASTER』5月25日に発売

『真・女神転生III ノクターン HDリマスター』は、2003年にPS2で発売した『真・女神転生III ノクターン』のHDリマスター版。HDリマスターはすでにPlayStation 4版とNintendo Switch版が発売しているが、今回新たにSteam版の発売が発表された形だ。ちなみに、メガテンシリーズとしては今回が初のSteam展開となる。

『真・女神転生III ノクターン HDリマスター』は、『真・女神転生Ⅲ NOCTURNE マニアクス クロニクルエディション』を “原作尊重” を前提にグラフィックやゲーム性が向上したほか、各キャラクターにボイスが追加。Steam版では日本語音声・英語音声の切り替えにも対応している。

Steam版『真・女神転生III ノクターン HDリマスター』の発売日は5月25日。デジタル豪華版を購入したユーザーは、発売日4日前からプレイ可能なアーリーアクセス権が付属する。

価格は通常版が4,980円、デジタル豪華版が6,980円だ (いずれも税込) 。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。