Apple、写真コンテスト 「Shot on iPhone Challenge」 の受賞10作品を発表

2月26日(現地時間)、米Appleは先月23日から開催していた写真コンテスト 「Shot on iPhone Challenge」 の結果を発表した。プレスリリース内で受賞した全10作品と受賞者の名前が紹介されている。

今回の 「Shot on iPhone Challenge」 は、iPhoneで撮影した写真を一般ユーザーから募集し、その中から優れた写真を選び表彰するというコンテスト。選ばれた作品はAppleのニュースルームのほか、公式Instagramアカウントや公式Twitterアカウント、Apple StoreやApple公式サイトなどで紹介することを明らかにしていた。

栄えある受賞者は、以下の10人。受賞者の多くは米国人だが、中にはイスラエルやドイツ、シンガポール、ベラルーシからも受賞者が誕生している。

  • Alex Jiang (US)
  • Blake Marvin (US)
  • Darren Soh (Singapore)
  • Nikita Yarosh (Belarus)
  • Dina Alfasi (Israel)
  • Elizabeth Scarrott (US)
  • Andrew Griswold (US)
  • Bernard Antolin (US)
  • LieAdi Darmawan (US)
  • Robert Glaser (Germany)

撮影に使ったデバイスはすべてiPhone 7以降、iPhone XS Maxが最も多いようだ。全世界で写真を募集したこともあり、今回のコンテストはかなりハイレベルなものになっている。

受賞作品はこちらのプレスリリースから閲覧できる。

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。