Apple、エルミタージュ美術館を5時間にわたって撮影したShot on iPhoneを公開

3月10日、Appleは同社公式YouTubeチャンネルで、新作のShot on iPhone (iPhoneで撮影) 動画を公開した。

普段は15秒から1分程度の動画が多いShot on iPhoneシリーズだが、今回は5時間にもわたる大作。ロシアのエルミタージュ美術館をiPhoneで撮影した映像だ。

エルミタージュ美術館を撮影したShot on iPhoneシリーズ最新作

撮影はiPhone 11 Proで行われ、映像の解像度は4Kで非常に美しい映像になっている。

登場する芸術品は45のホールに展示されている588個。映像の途中にはロシアバレエを踊るバレリーナも登場(2:52:13あたり)する。映像監督は監督アクシンヤ・ゴグ氏が務めたとのこと。

ちなみに同広告動画のロケ地となった 「エルミタージュ美術館」 とはロシア・サンクトペテルブルグにある、旧ロシア帝国の繁栄期に集められた膨大な芸術・美術品が並ぶ世界最大規模の美術館。1990年には世界遺産 「サンクトペテルブルク歴史地区と関連建造物群」 として登録されている。

関連記事
Apple、「Shot on iPhone ナイトモードで撮影チャレンジ」 受賞作品6点を発表
Apple、Shot on iPhoneの新CM公開。バックカントリースノーボードを撮影したダイナミックな雪山映像

▶︎ 各種iPhoneの予約・購入は以下の公式オンラインショップから!24時間受付中!
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。