SIE、次世代PlayStation VRの開発計画を正式発表。発売は2022年以降になる予定

SIEは次世代ハード 「PlayStation 5」 を昨年11月に発売したが、同ハード向けのVRデバイスが開発中であることが判明した。

23日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントはPlayStation.Blogの中で、”PS5 世代に向けた新型VRデバイス” を開発中であることを明らかにした。

PS5向け新型 「PlayStation VR」 が2022年以降に発売へ

次世代VRデバイスは、初代モデルから “飛躍的な進化を遂げて究極のエンタテインメント体験を実現する” ものになるとのこと。

具体的にどんなデバイスになるのかは述べられていないが、ケーブル一本でPS5にすっきりと接続でき、高精度のビジュアル体験と同時に、使い勝手の向上を実現するという。

さらに新しいVRコントローラーも用意される予定。DualSenseワイヤレスコントローラーの特徴的機能を搭載し、またエルゴノミクス(人間工学)も重視したデザインを採用するとのことだ。

新型PSVR 特徴

  • ケーブル1本でPS5とリンク
  • 高精度ビジュアル体験
  • 使い勝手の向上
  • 新VRコントローラー
    →DualSenseの一部機能を搭載
    →人間工学デザイン採用
  • 発売は2022年以降(2021年に発売することはない)
  • 一部タイトルは開発着手

SIEは、新型VRヘッドセットはこれまで以上の没入感やさらに研ぎ澄まされた 「センス・オブ・プレゼンス」 を体験できるとしている。

開発はまだ半ばの段階で、発売は2022年以降になる見通し。ただし、ゲームデベロッパーに対してはすでに次世代VRデバイスの情報は伝えられているようで、すでに一部ではVRタイトルの開発もスタートしている模様。今回の新デバイス発表は、VRに期待しているゲームプレイヤーに向けて一足先に知らせることを目的としているようだ。

発売はまだ先となるが、PS5の高いグラフィック能力を活かして、より高い没入感の中でゲームシーンを体験したいと思うプレイヤーも多いはず。今後の続報に期待したい。

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。