SIE、モバイルゲーム開発スタジオ 「Savage Game Studios」 を買収。モバイル向け大型ライブサービスアクションゲームを開発中

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

8月29日、ソニー・インタラクティブエンタテインメントは、フィンランド・ヘルシンキおよびドイツ・ベルリンを拠点とするモバイルゲーム開発スタジオ 「Savage Game Studios」 を買収すると発表。Savage Game Studiosとの間で確定契約を締結した。本買収における買収額を含む諸条件等については、契約条件により公表されていない。

Savage Game Studiosは、Michail Katkoff氏、Nadjim Adjir氏、Michael McManus氏を共同創設者とするモバイルゲームスタジオ。彼らは、ロビオ・エンターテイン メント、ジンガゲームネットワーク、ファンプラス、スーパーセル、ウォーゲーミング、グリー、インソムニアック、Kabamなど様々なモバイル企業で活躍した人物として知られ、経験豊富なクリエイターを集結してモバイルゲームの開発・ 運用に取り組んでいる。

今回の買収により、Savage Game StudiosはPlayStation Studiosの一員として加わることになる。ただし、コンソール向けタイトルの開発部門とは独立し、新たに設立するPlayStation Studiosのモバイル部門にて運営される予定だ。

同部門は、PlayStation Studiosの高品質な開発基準を適用したうえで、SIEが保有するPlayStation StudiosのIPを活用した革新的なモバイルゲーム開発を通じて、プレイヤーへ新たなゲーム体験を提供することに注力する。現在、Savage Game Studiosでは新たな “モバイル向け大型ライブサービスアクションゲーム“ の開発を進行しているとのことだ。

なお、現在のSavage Game Studiosのマネジメントチームは今後も継続して経営を担う予定。

(画像:ソニー・インタラクティブエンタテインメント)

▼ iPhone 14/14 Proの予約は公式オンラインショップから!

©Sony Interactive Entertainment Inc. All Rights Reserved.

(当サイトで使用している画像はいずれも各権利者に許諾を得て掲載しています。)

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AuthorNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。