次期「OS X 10.12」でいよいよ音声アシスタント機能「Siri」が搭載か

今年の秋にAppleがリリースすると思われる次期「OS X 10.12」は今のところ新機能など伝えられていない。

毎年何かしらの新機能が搭載されているのだが、今年発表されるのが「OS X 10.12」の目玉機能として音声アシスタント「Siri」がいよいよ搭載されるかもしれない

電源につなぐと「Hey Siri」が利用可能に

sirionmac

9to5Macによると、Appleは6月に開催する「WWDC 2016」で「OS X 10.12」を発表、新機能として「Siri」を搭載すると伝えている。

Mac版の「Siri」は、iPhoneなどのiOS端末のものと少し違い、メニューバーに設けられた「Siri」専用のアイコンと専用のウィンドウが設けられるようで、Macに搭載されたマイクで利用することができる模様。

利用するには、メニューバーに追加された「Siri」のアイコンをクリックすると画面右上にSiriの画面が立ち上がる。「Siri」特有の虹色の波形が表示されるとのこと。

また、Mac内の設定ではアイコンをクリックせずともキーボードで立ち上げができる「キーボードショートカット」も用意されるようで、使いたくなった時にすぐに使うことができるように設計されているみたいだ。

また、電源に接続されているMacであれば、「Hey Siri」の利用も可能で音声のみで「Siri」を利用することができるとも伝えられている。

毎年、新しい「OS X」がリリースされるたびに、少しずつだが着実に「Siri」の精度は向上しており、日本語版でも以前答えられなかった回答が回答できるようになっていたり、できる動作の数も増えてきている。

当然今年も「Siri」のパフォーマンス向上は行われると思われるが、Macに搭載することで総合音声アシスタント機能として役立つはず。

発表は例年通りでいくと今年の6月でリリースされるのは秋頃。今から発表が非常に楽しみだ。

[ via 9to5Mac ]

sirionmac
この記事が気に入ったら「いいね!」しよう