SkypeのiOS版がSlide OverとSplit Viewに対応!

SkypeがSlideOverやSplitViewに対応iPad版のSkypeアプリが先日のアップデートでSlide OverとSplit Viewに対応していたのでご報告!

このアップデートのおかげでユーザーの使い勝手が一段と向上すると思われる。
iPadの右端にひとつのアプリをiPhoneアプリ程の横幅にして表示することで、同じ画面に二つのアプリを動作させる機能がSlideOver。同時に二つのアプリケーションを動作することができるのがSplit Viewである。
これを導入することで、Skypeで通話、チャットをしながら他のアプリケーションを起動することができるというアップデートになっている。

新機能はこの他にもある。
iPhone / iPad版のSkypeアプリには、iPhone等でSkypeメッセージを受信した場合、通知から返信をすることができるようになった。さらにチャットをSpotlightで検索することで、直接Skypeの連絡先とチャットをすることも可能になった。前バージョンでは、通話音量が低くなってしまう問題が指摘されていたが、こちらも今回のアップデートで改善したとのこと。

会議や仕事等でもよく使う機会が多いSkype。
特にマルチタスクが出来るようになったのは非常に嬉しい。
Skypeをメインに使っている人は便利なので、是非アップデートしよう!

ただ、残念ながらSplit ViewやSlide Overに対応している機種でないと、この機能は利用することができないので注意してほしい。

対応機種はこちら
Slide Over : iPad Pro / iPad Air以降 / iPad mini 2以降
Split View : iPad Pro / iPad Air / iPad mini 4

[via 9to5Mac]

この記事が気に入ったら「いいね!」しよう
AutherNANA

東北出身の東京都在住(性別年齢は非公開)。趣味はガジェットいじり、旅行や料理、映画、ゲーム。イモリやサンショウウオが好きなので、家でよく愛でています。

同メディアで取り扱う情報は主にインターネットテクノロジー関連、AppleやGoogleなどの新製品やサービス。その他、今最も興味があるのは「VR/AR」「スマートスピーカー」。